FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

神武寺 - 鷹取山① 

12月30日(金)晴れ。
いい天気だった。
山登りの練習に地元の鷹取山に行くことにした。



20111230_鷹取山00
京浜急行で逗子方面に向かい神武寺で降りる。
のんびりとした地域だ。




20111230_鷹取山01
神武寺駅も綺麗に変わっていた。
私は小中高と逗子に住み、高校時代は逗子から神武寺まで電車に乗りここにある逗子高校に通った。たった1駅の通学定期、電車に乗りたいだけじゃないのかとよくからかわれた。久々に来るとやはり懐かしい。




20111230_鷹取山02
駅の前には鷹取山ハイキングコースの看板が立っていた。まさにこの看板の通り行ってみようと思う。




20111230_鷹取山03
線路沿いを歩き、逗子中学校のところで山側に折れて山に入る。
老人ホームせせらぎがありそこから舗装道路は終わり山道になる。山道に入りたてのところでは多少虫が飛び交っていて気になるが、5分も歩くと虫は消えて気持ちのいい山道が続く。




20111230_鷹取山04
人気の無い山道を歩くのは楽しい。
登って降りるまですれ違った通行人は10人にも満たなかった。鷹取山は標高で言うと200mぐらいだろうか。山登りというほどの山ではないが一応山歩きは満喫できる。
道は歩きやすく、かつそれほど整備された感もないので山歩きをしている雰囲気が楽しめ、ちょっとしたハイキングにはいい場所だと思った。




20111230_鷹取山06
駅から歩いて4,50分だろうか、神武寺に着いた。
鐘がありその下に神武寺の寺が見えたが寺に向かう道は関係者以外立ち入り禁止との看板が立っており近くに行けなかった。
神武寺を見下ろしていると寺の住職達と関係者とやらだろうか、今年もお世話になりました、どうもどうもと始まっていた。遠くから角度の悪い写真を撮るのも気が乗らず、面倒になって写真を撮らずに先に進んだ。




20111230_鷹取山07
すぐに薬師堂という場所に出た。
まずは本堂の前の門だ。だいたいこういった寺のような建物にはその前に立派な門がある。どういう考えによる建築なのだろうか。何か意味があるのだろうが不勉強でよく分からない。




20111230_鷹取山08
本堂。開けた場所になっており買っておいた缶コーヒーを飲んで一服する。
地面は柔らかそうな土が踏み固められて薄っすら苔が生えていたりする。気持ちがいい。家を持ち庭を持つなら地面はこんな風に素朴に自然な感じにしたいと思う。夢のまた夢だが。




20111230_鷹取山09

20111230_鷹取山10
この場所にはなんじゃもんじゃの木という木が生えている。
鷹取山の目玉のように紹介されている場合もあるが、客観的にはそれほどでもない。周りの木より少し大柄な程度、いわゆる海外の有名な木をイメージすると拍子抜けするだろう。
それでも、20メートルほどまっすぐに太く立ち、そこで急に枝分かれして思い思い横に枝を伸ばし枝は途中からまた上に向かいイナズマのようにビキビキと折れ曲がっている。まるで腕を空に向けて突き出し手を広げて何かを求めるように見える。樹種がわからなかったためなんじゃもんじゃと呼ばれていたのが名前の由来とのことだ。
thread: 登山 | janre: スポーツ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/93-16dd210b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]