FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

伊勢佐木長者町 - 濱家 

11月26日(土)晴れ。
中島みゆきの夜会に行ってから、より中島の曲を聴くようになった。
今お気に入りの曲はお月さまほしい、だ。2小節目のお月さま、ほしい、のフレーズは何度も何度も聞きなおしてしまう。



20111126_濱屋場所
休日の朝、日の出町駅から関内側へ向かう大通り沿いにあるラーメン屋、濱家へ。




20111126_濱屋正面
店内は4人テーブル席が2つ、他は厨房に面したカウンター席。店内は薄暗くむっとした油の匂いが漂う。客は私と同時に入った男性1人、出るまでこの2人だった。24時間営業とあり、丁度朝になり電灯を落としたところなのだろうか、厨房は電気が点いているからいいだろうが客席側は薄暗く陰気な雰囲気だ。厨房には髭をはやした精悍な感じの男性が1人、タバコをくわえていた。ラーメン屋ではすぐ料理が出てくるためタバコを吸うことはほとんどないが、こちらも灰皿を取ってタバコを吸った。店の雰囲気から女性には入れないだろう。




20111126_濱屋メニュー
注文は食券制。濱家という名前から勝手に横浜家系のラーメン屋かと思っていたがメニューには塩とんこつや味噌とんこつがある。通常、家系ラーメンで醤油とんこつ以外は見たことがない。そういえば家系という文字はどこにもない。特にのれん分けということではない、家系もどきのラーメン屋なのかもしれない。珍しいので味噌とんこつ¥600を注文した。
家系と同じく麺の固さ、味の濃さ、油の多さを注文できるようで固め濃いめとした。



20111126_濱屋味噌とんこつ


20111126_濱屋チャーシュー
具材はチャーシュー1枚、ほうれん草、海苔3枚。やはり家系の流れのシンプルな具材だ。海苔が3枚なのはうれしい。チャーシューは小さくて脂っけがなくパサパサ。
麺はかんすいが多目だろう、黄色く腰が強い。
スープは醤油とんこつに味噌を入れるとこんな味になるだろう、という想像通りの味。まずくはなく、ラーメンは家系ばかりという方が居たら食べに来ると面白いだろう。ここの本命だろう醤油とんこつは食べたことはないがひょっとするとコクは少ないかもしれない。良くも悪くもクセがない。
この記事を書く前、家系なのかなと気になってウェブを見ていたのだが、食べログではずいぶん旨そうな画像が並んでいた。日が悪かったのか、私が食べたラーメンは上の通りだ。





thread: ラーメン | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/80-80916ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]