FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

横浜 - ハイハイ楼 

11月5日(土)晴れ。
最近プロ野球のドラフト会議のニュースを見た。今年も波乱があった。
原辰則の甥、東海大の菅野が巨人と日ハムから一位指名を受け、案の定クジはハムが交渉権を引き当てた。菅野は最速157キロをマークし、大学リーグでも何かの記録を更新したそうだ。中継の録画を動画で見たが、日ハムの社長だろうか高々とクジを上げ笑顔を見せた後、長く原監督の映像が続いた。あんなに生気を無くした人間の顔を見るのは衝撃だった。見ている方が辛くなった。
大学時代の友人で1人熱狂的な巨人ファンがおり、私はあまりプロ野球には熱心ではないがことあるごとに巨人をチャカしからかった。ここ10年か、巨人は巨人ファンの友人をチャカすのに困らないほど失態と笑えるネタが次々とあった。金権体質、ナベツネなど、ダークな部分は巨人が一身に集めていた気がする。私は横須賀生まれ、逗子育ち、現在は横浜在住でほんの少し大洋ホエールズ、横浜ベイスターズに思い入れがあるが過去に長嶋監督が横浜をベイと呼んでいたことも若干アンチ巨人側に気持ちが向いた理由かもしれない。横浜がベイなら巨人はジャイと呼べよ、ジャパニーズをジャップと呼ぶようなものかと、くだらないことを思ったものだ。
菅野は交渉を拒否して1年浪人するそうだ。確かにドラフト制度は人気球団に有望選手が集まらないように必要なのだろう。菅野の身内は日ハムが事前に1位指名する挨拶が無かった、ハム関係者からは1位指名しない旨を聞いていたと不満をこぼしていた。大学時代の友人とは最近は疎遠になったが、さすがにこれはチャカす気がしなかった。原のあの顔を見たからかもしれない。気の毒だ。




20111105_ハイハイ楼場所
横浜西口、博多ラーメンの店ハイハイ楼に行ってきた。
10時頃、横浜に着いてラーメンでも食べてブログを書こうと思ったのだがどこも店が開いていない。この辺はどこも11時開店のようだ。時間を潰そうと周辺をぶらぶらしたがゲームセンターやパチンコ屋以外どこも閉まっている。横浜にあまり早くから来たことはなかったが、街がはじまるのは11時のようだ。覚えておこう。




20111105_ハイハイ楼正面
前に同じ西口の一風堂の博多ラーメンを食べたので昔よく行ったハイハイ楼に行こうと思った。店の斜め向かいに大勝軒というつけ麺のラーメン屋ができ、そちらは賑わっていてハイハイ楼は閑古鳥になっていたのは知っていた。今日着てみるとさらに大勝軒の隣にラーメン屋ができていた。こんなところに随分と密集したもんだ。そのまだ入ったことのない新しいラーメン屋に行こうか迷ったが、やはりハイハイ楼にした。




20111105_ハイハイ楼店内
11時開店、一番乗りだった。予想通り、食べ終わるまで他に客は入ってこなかった。店の外を覗くと新しいラーメン屋や大勝軒にはぼちぼち人が入っていくのが見えた。





20111105_ハイハイ楼メニュー
ハイロー麺¥600円を注文した。




20111105_ハイハイ楼ハイロー麺

20111105_ハイハイ楼麺
一般的な博多ラーメン。豚骨スープに極細麺、チャーシュー1枚、キクラゲの千切り、青ねぎの刻みが入っている。
前に食べた一風堂は後で調べたらあれが博多ラーメンのベースと言えるほどメジャーな店だった。博多ラーメンを定番化した由緒ある老舗だろう。そことの比較になってしまうがハイロー麺はスープの豚の油の味が濃い。ここ数年来ていなかったがこんなに濃かっただろうか。若干けものの味がする。チャーシューは薄くてやや固め、私はこちらも好きなタイプのチャーシューだがこれもけもの系の味だ。麺は極細、一般的な博多ラーメンの麺で一風堂よりやや固めか。ちなみにハイハイ楼でも麺の固め、油の多目少な目、味の濃い目薄めがオーダーできるが何も言わずノーマルなものを注文している。なるほど一風堂が人気な理由がわかる。向こうは食べやすく一般受けする味で食べた後にくせがない。私はハイハイ楼の方が好きだと思ったが久々に来てかなり動物のような味が濃いと感じた。食べなれてないと少し濃すぎるぐらいだ。
博多ラーメンは朝から食べるラーメンではないなと思った。やはりどこかで飲んできて〆に一杯食べるのが合うラーメンだろう。入ったときは替え玉もするつもりだったが朝早かったせいかその気が無くなり替え玉はしなかった。
ちなみにメニューにはハイカラ麺というのもある。そっちは若干だが辛くなっていて豚骨ラーメンと坦々麺を合わせたような感じだ。そちらのほうがお勧めだと感じる。そういえば昔よくここに来ていたときも注文したのは味噌味のハマミソ麺かハイカラ麺だった。ハイロー麺は豚の油にやられない人向けだろう。
thread: ラーメン | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/68-841c998b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]