FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

横浜中華街 - 新錦江 

10月18(火)晴れ。
秋の夜長にブログを書く。最近仕事では新しい小さなプロジェクトを割り当てられた。これからまた数ヶ月、忙しくなるだろう。




20111018_新錦江場所
昼食に横浜中華街、新錦江へ。
中華街大通りから中山通りの路地に入り関帝廟に向かう途中にある。




20111018_新錦江正面
店は通りに面した面積は狭く縦長で入り口は脇道に入ったところにある。1階厨房の前にカウンター席があり奥にテーブル席が2つ、2階もあるようだ。カウンター席に座った。カウンターのテーブルの奥行きも狭い。店内はあまり綺麗な印象はなく中国における居酒屋イメージだろうか。中華街には高級店をイメージしたような店が多くあまり居酒屋のような店は見かけなかったがもっと路地に入っていくとこういった店も多いのかもしれない。




20111018_新錦江メニュー
ランチの2番、豚バラ四川炒めを注文した。同じ500円メニューでは他に豚肉炒めの2種類、豚肉は好きだ。




20111018_新錦江豚レバ炒め
豚レバ炒め、ごはん、スープ、きゅうりのおしんこ、ご飯、食後に杏仁豆腐が来た。
豚レバには人参、ピーマン、玉ねぎなどが入っており唐辛子系の辛いタレに混ぜてある。豚レバーということで臭みがあるか気にしたがそうでもないような臭みがほんの少しやはりあるか、という程度。厨房の目の前なので既にカウンターにはいろいろな匂いが混ざっておりあまりわからない。四川と名前が付いている通りかなり辛い味付けでレバーでも気にせずぐいぐいと食べられる。スープはワカメ、きくらげ、玉ねぎが入った澄んだ玉ねぎスープだ。おしんこはきゅうりの漬物で唐辛子系の味付けの日本でもよくあるあれだった。
☆☆(星2つ)だろうか。星3つでもいいかもしれない、中華街ではあまり無い大衆居酒屋のような感じだったので逆に期待しすぎたところがあるかもしれない。
店は注文取りに女性、厨房に中年男性とお婆さんが皿を洗っていた。私の席のすぐそこだ。家族で経営されているのかもしれない。カウンター内ではラジカセだろうか長渕剛のとんぼが流れていて親父が聞いていた。中国人でも長渕が好きなのかたまたまラジオから流れていただけかはわからない。

ありがたいことにこのブログにも幾つかコメントをいただけるようになった。ありがたいことだ。励みになる。ブログをはじめた際に友人のブログをまねてアクセスランキングのバナーを貼ってみた。貼った当初は気になってちょこちょことランキングを見に行ったが今は見ない。宣伝などもしていないので順位などがほとんど1票、2票だったことと、そもそもそんなブログじゃないと思う。既にこれまで書いてきたように面白くない気分などを書き殴っているところもあるしあまり目立つサイトになっては書きづらくなるかもしれない。ランキングのバナーは外した。ブログをはじめた当初、知人からこのブログを発見したかのようなメールも届いたし、知人のブログにも足跡を消すことなく見に行っているので誰が見ているかはわからない。あまり人に言わないような本音を書いたブログは谷崎潤一郎の鍵のようなところがあって面白い。
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/57-cd878728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]