FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

横浜中華街 ― 馬さんの店 

10月14日(金)晴れ。
某巨大掲示板などで近頃韓流ブームが話題になっていた。フジテレビ前でデモ行進まであったようだ。これについて書こうと思ったが長くなりそうなので止めておく。いつもこのブログに日記を書こうとするとき、いろいろな事を山のように思いつく。世の中たくさんのブログが書かれているが他の人達はどうなのだろうか。おそらく、人と話す機会が少なく思いがふき溜まっているのだろう。



20111014_馬さんの店場所
昼食に中華街、馬さんの店というところへ行った。




20111014_馬さんの店正面
1階はテーブル席10程度で満席、1つだけ空いていた中央ぐらいの2人席に座った。全席禁煙だった。店内は女性のグループ客で溢れていてサラリーマンらしき人は私1人だった。わいわいと賑やかで雑誌か何かで紹介されていて人が集まっているのかもしれない。中華街なので年配層も多いがこうも女性客で賑わっていると何か気恥しくなってくる。こういった雰囲気は相当に苦手だ。




20111014_馬さんの店メニュー
ランチの2番、鶏肉の辛味炒め¥600を注文した。




20111014_馬さんの店鶏肉炒め
20111014_馬さんの店ザーサイ
鶏肉炒め、ご飯、ザーサイ、スープ、食後に杏仁豆腐が来た。
鶏肉炒めの鶏肉はササミ肉のような厚めの肉、にんじん、めんま、ピーマン、玉ねぎが入っている。メンマかどうかは自信が無いが食材の名前がわからない。タレはエビチリのソースのような甘辛いタレだ。最初メニューをしっかり見てなかったか勝手に唐揚げを想像していたのでこれが出てきたときには驚いた。唐揚げでなくて残念だがササミ肉は好きなので良かった。タレは一口目は甘辛く2口目からは辛さだけになってくる。ササミに味がないので丁度いいぐらいだが、どういうわけかピーマンを食べるときだけは辛味が更に辛く感じる。ピーマンの反り返りにタレが多く付いているのか、あの苦みと辛さが混じると余計に辛さが増すのかもしれない。ザーサイはいつも出てくる辛いものでは無かった。青緑色で何か素朴な味だ。ザーサイ本来の味かもしれないが旨いと感じる。
スープは中華街で一般的なとろみ系の卵スープ、杏仁豆腐は残した。量は多く見えなかったが昨日ラーメンを食べたせいか食べ終わったときは腹が張って苦しかった。
☆☆☆(星3つ)だろう。星4つでもいいかもしれない。




20111014_馬さんの店店内
店内も撮っていた。店は狭いが雰囲気に人気店となりそうな何か気配のようなものがある。馬さんの店というネーミングからして他の店より客を意識していることを感じる。帰りに取ってきた店の名刺を見ると馬い安い早いと書いてある。馬の字はわざとこの文字にしたシャレだろう。そういえば料理が出てくる時間も相当に早かった気がする。また、営業時間が早朝7時から夜中3時、年中無休とある。ずいぶんと頑張るものだ。MAさんというイラストは中年女性の絵になっている。
お店には客の意向をできるだけ汲もうとする店と我が道を行く店と二通りあると思う。ラーメン屋やすし屋などでは後者の方がおもむきがあり人気があったりする。中華街での店は後者の感じが多いように思う。もちろん文化を崩さず本場のそのままの雰囲気としていてそれが中華街が成功している1つの要因だろう。この店は前者側の、お客様になるべく満足してもらおうという方向が全面に出ているように思う。こちらのタイプも私は好きだ。
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

コメント

こんちわぁ~(^^)/
初めまして♪麺好きミリ後のラーメン散歩♪のブロガー、ミリ後といいます♪
中華街の記事、すごくいいですね♪
場所も分かりやすく地図を使っての説明など勉強になります♪
(できたらちょっと真似てみようかとおもっているんですが(^-^;)

こちらの馬さんの店はこの記事で知り行ってきました。
混んでいるときは接客が追い付いていない感じはありますが
味は具だくさんで美味しいですね(^○^)

他の中華街の記事のお店も機会があったら行ってみようと思います♪
これからも楽しみにしているので頑張ってくださぁい(^^)/

麺好きミリ後 #- | URL | 2011/10/18 17:28 * edit *

>麺好きミリ後様

コメントありがとうございます。励みになります。
馬さんの店に行ったんですね。ラーメン散歩の日記、拝見しました。
私の中華街の記事の書き方がどれも似たような書き方になっているのは、多分一度それでいいと思うと執拗にそれを続けてしまう自分の性格だと思います。いい書き方か悪いかはまったくわかりませんが同じように書いてもらうことはまったく構いません。
2品以上あるとき、中華街では2品目以降の出すタイミングに全然気を使っていないことはよくあります。アツアツのものが絶妙のタイミングで出てくることもあれば、もう食べ終わる最後にしゅうまいが出てきたりです。いろいろと、日本人にはよく分からないことが多く、文化の違いとは、たいがいにして相手側には不快なものですね。

伊勢佐木長者町 #- | URL | 2011/10/18 20:04 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/53-a4b18bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]