FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

横浜 - 横浜家(ラーメン) 

10月9日(土)晴れ。

ワケのわからない形の眼鏡をかけたブタがのうのうと隣を歩いている。突然、その顔面をぶん殴りたい思いが沸いてきて漫然と堪えた。ポケットに入っている丸めた軍手に爪が食い込む。



訳のわからないテキストメモをパソコンのドキュメントフォルダ内に見つけた。ファイル日付は2007年、おそらく小説、桐野夏生のグロテスクでも読んで何か書きたいと思ったのかもしれない。家でパソコンを使うようになってからいろいろな思いをメモしていたと思うのだがパソコンの買い替えやらで今気づくとすべて紛失している。たった1個、上のテキストメモが残っていた。軍手はおそらくバッティングセンターのものだ。数年前まで横浜駅には浜ボールや西口に出てすぐ右側に室内バッティングセンターがあったがどちらも潰れてしまって今は無い。当時その辺によく通っており凝り性の私はずいぶんうまくなり、一度そこで草野球のチームに誘われた。学生ですかと声をかけられたので学生のチームだったのかもしれない。連絡先まで渡されたが当時でも私は30を超えていたと思う。今はときどき蒔田か上大岡のバッティングセンターに行く程度だ。何故手の皮がむけるほどバッティングセンターにはまったのかは分からない。




20111009_横浜家正面
横浜駅西口、メインのような通りを歩いてその最後に東急ハンズがある近くの横浜家。今日ここに行った。人通りが多く通行人の方が写ってしまったがご容赦願いたい。
私は横浜に行ったとき時々いろいろなラーメン屋に入るのでブログを始めたときその辺を紹介しようと思っていたが、意外に機会が無かった。横浜にはほぼ毎週末伊勢佐木長者町から徒歩で気分転換にランニングしているのだが、最近は思ったほどはラーメン屋に行っていなかった。




20111009_横浜家ラーメン
ラーメン、600円。横浜家のラーメンは横浜駅近くに住んでいたころからよく食べている。オーソドックスな家系ラーメンだ。横浜の家系ラーメンは豚骨醤油ベースのスープにかんすいが多目の黄色く固い麺、油が多く、具材はチャーシュー、焼き海苔ぐらいであまり入っていないのが特徴だ。横浜家系はいろいろな派生があるようだがたしかここはチェーン展開して複数あったと思う。横浜駅周辺でも西口を出てすぐ右に折れた路地にも同じ店がある。どこも麺の固め柔らかめ、味の濃いめ薄め、油の多め少なめが頼める。私はいつも固め濃いめだ。




20111009_横浜家ニンニク
20111009_横浜家唐辛子
もう何度も来ているので食べ方も決まっている。半分強まで普通に食べ進みラーメンの味を味わう。そこからテーブルに出ている様々な調味料からすり下ろしニンニクを2杯、豆板醤を1杯スプーン大盛りで入れる。レンゲの中で溶いて全体に混ぜるとスープは真っ赤になる。とんでもない味になるが豆板醤の辛さが効いて何かの激辛物を食べているようでなんとか食べられる。私はここのラーメンを食べるときはたいがいラーメンを食べたいといよりは油の濃い何か活力的なものを求めて店に入る。普段、コンビニのパサパサの弁当などが続くとどうしてもギラギラした何かを食べたくなってくる。そんなときにこれを食べる、ニンニクも大量だ。汚い話で恐縮だがだいたいこれを食べた後は腹を下す。食べ慣れていないからだ。それでもすぐに目がチカチカするほど体に油分的な力がみなぎってくるような感じがする。単に気分の問題だけだとは思う。
ところで、健康の話になると最近はメタボなど肥満などが中心で会社の健康診断などのときは大体この話になる。その少し前は高血圧や糖尿病などの成人病だったと思う。私は逆に低血圧の方でたまに健康診断に引っかかりそうになる。たぶん高血圧や塩分を控えないと、と言っている人は普段から家でいつもうまいものが出てくるのだろう。いいもの食ってるという自慢話にしか聞こえない
thread: ラーメン | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/48-32d3ee84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]