FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

尾瀬 燧ケ岳と至仏山登山① 

2018年7月6日(金) 曇り時々雨

20180706091506.jpg

群馬県と福島県の県境近く、尾瀬を縦走して燧ケ岳(ひうちがたけ)、至仏山(しぶつさん)を登ってきた。
金曜日を年休で休んで金土日の2泊3日、まいたび社主催の登山ツアーに参加して料金43,000円。新宿発着の往復バスと山小屋2泊、初日の夕、2日目の朝昼晩、3日目の朝昼のご飯と温泉が料金に含まれている。男性9名女性8名の17名の参加者と登山道まで同行してくれる添乗員さん2名という構成であった。
07:30 新宿駅西口に集合しバスに乗り込む。
09:15 上里サービスエリアでトイレ休憩。
多少小雨が降っている。天気予報では3日間とも雨の予報であった。残念ではあるが数ヵ月前から予定を入れたツアー参加ではこれは仕方の無いことである。




20180706111556.jpg

11:15 尾瀬へ入る登山口に到着。




20180706111642.jpg

雨で道中で食べられないかも知れないのでバスの中での昼食となる。トイレを済ませ雨具類を付け、山登りの準備をする。




20180706113306.jpg

11:40 大清水登山口を出発。
初日は3時間程度の林道歩きである。




20180706_尾瀬

尾瀬は、福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる高地にある盆地状の高原であり、中心となる尾瀬ヶ原の湿原地帯が有名である。湿原地帯に入るルートも多々あるそうなのだが、今回のコースは南の大清水から入り尾瀬沼湖畔の長蔵(ちょうぞう)小屋で1泊、燧ケ岳を登り尾瀬ガ原の桧枝岐小屋で2泊目、至仏山を登って鳩待峠(はとまちとうげ)に下りてくるという周回コースであった。




20180706122520.jpg

12:25 一ノ瀬休憩所で小休止。
この日は営業していなかったが繁忙期には売店も出る所だそうだ。




20180706130524.jpg

この辺りから林道らしい道となる。




20180706130750.jpg

途中に水場があり飲んでみる。冷たくておいしい。



20180706130936.jpg

空は残念ながら雲に覆われている。小雨が降ったり止んだりを繰り返す。




20180706131228.jpg

ギンリョウソウである。今回の山行では沢山の高原の花を見ることができた。




20180706134140.jpg

ガイドさんの花の紹介がある度に一応写真を撮るのだが、帰宅するとほとんど忘れてしまっている。覚えている限り記そうと思う。




20180706134836.jpg

13:50 三平峠という所に到着。




20180706141318.jpg

20180706141332.jpg

20180706141400.jpg

尾瀬沼の湖畔に着くと早速多くの営業小屋があった。金曜日で雨だからだろうか、訪れている人は見当たらない。




20180706141700.jpg

湖畔を周回するように歩く。




20180706142422.jpg

水芭蕉の大きな葉。




20180706142542.jpg

コバイケイソウというそうだ。




20180706142640.jpg

この尾瀬沼という所は湖のように深そうに見えるが水深は5,6メートル程で底は深くないらしい。



20180706142750.jpg

20180706143134.jpg

サワラン。まだ蕾のように見えるが咲いてもほとんど大きくはひらかないとのことだ。




20180706144946.jpg

20180706150448.jpg

14:45 この日宿泊する長蔵小屋に到着。




20180706150430.jpg

小屋前に飲める水が湧き出ている。




20180706150544.jpg

小屋前に咲いていたノアザミ。




20180706150608.jpg

長蔵小屋の周辺にも小屋が隣立してあり尾瀬沼ビジターセンターなる建物がある。
宿泊部屋に各自荷物を置いた後、ガイドさんが尾瀬沼の周辺を散策して紹介してくれるというので、有難く着いていった。ツアーの工程には付いていない純粋なご厚意である。



20180706150816.jpg

紹介されるがままに撮った写真の花が多いが、見返すと何の花だったか分からないことが多い。




20180706151006.jpg

20180706151028.jpg

ニッコウキスゲ。尾瀬を代表するような花であるが、このニッコウキスゲが3日間通じてとても多く見られた。




20180706151404.jpg

ヒオウギアヤメ。

(つづく)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/444-172b91bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]