FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

伯耆大山登山④ 

2018年6月9日(土) 晴れ

20180609143848.jpg

大山の参道を歩いて戻る。石畳の道が終わるころに暗夜行路と書かれた岩がある。志賀直哉氏の著作、暗夜行路という作品の舞台なのだそうだ。




20180609143944.jpg

14:40 大山寺本堂に到着。
登山シーズン開始の土曜日であり、登山道は混雑していると予想して来たがそれほどでも無かった。道中で前後に人が見える範囲にいる割合は3割程度だっただろうか。7割程度の時間は一人の世界に入りのんびりと登山の歩きを楽しめた。傾斜が緩く比較的楽に登れるコースを選んだからであろう、一人で来ている所謂登山が趣味ですというような人は少なく、家族連れや5,6人のグループでワイワイ話に花を咲かせて歩いている人が多かった。グループは私がこれまでに登った他の山に比べて若い人達が多く見られた。




20180609150108.jpg

14:50 大山寺ナショナルパークセンターに到着。
無事に出発点まで戻って来ることができた。事前にメモした帰りのバスの時刻は18:10とかなり時間があり、もう少し早い便が無いかバスの時刻表を見るがやはり18:10まで便は無かった。煙草を吸って時間を潰す。




20180609151402.jpg

観光客向けの店が並ぶ地帯の最初にある豪円(ごえん)湯院にて温泉に入る。入浴料は380円。屋内の湯船には岩棚の神殿のような物が模してあった。とてもいい湯であった。




20180609155514.jpg

温泉施設に併設された食堂で食事をとる。先ずは生ビールが到着。値段は500円、美味しかった。




20180609155950.jpg

続いて注文したえび天蕎麦、480円。土産物屋が並ぶ通りに何件か蕎麦の看板があったので、大山では蕎麦に所縁があるのかも知れない。
バスの時間が来るまで小説を読んでのんびりとくつろぐ。この畳敷きの大きな食堂では見渡す限り客は私1人か1、2組が訪れる程度だった。




20180609190808.jpg

18:10 大山寺ナショナルパークセンターからバスに乗る。
19:05 米子駅に到着。
駅前のセブンイレブンで夕食にする弁当と缶ビールを買う。




20180609192044.jpg

米子駅の目の前にあるワシントンホテルブラザが本日の宿泊地である。




20180609192548.jpg

チェックインを済ませ部屋に向かう。シングルルームの喫煙部屋。一般的なビジネスホテルと同様、狭くはあるが清潔で使いやすい。バストイレ洗面所がある個室があり、部屋にはテレビ、無料で使えるWiFi、スプレーの消臭剤がある。明日着る物をすべて脱ぎ、消臭剤を振り掛けて干しておく。
弁当を食べ缶ビールを飲み、煙草を吸いながらテレビを見てくつろぐ。

明日の帰りは米子空港を07:20に出発する飛行機であり朝が早い。普段来ることが無い鳥取まで来たのでせっかくだからのんびり観光もしたいところだが、何故こんなに早く帰ることになったのかには理由がある。航空券のツアーパックを購入する際、予約サイトでは飛行機の時間を選択するたびに料金が変わって表示される。この朝一番の便での料金は冒頭で記載した通りだが、便の時間を遅らせるごとに5千円、1万円、1万5千円と値段が上がっていく。値段と現地の滞在時間とのトレードオフとなる。中途半端な時間としても大した観光は出来ないので最終便とするか諦めて朝一番にするかであるが、最終便辺りは1万5千円程高かったので、観光は諦めた。元々私の鳥取来訪は大山を登ることなので、これが出来れば良しと自分を納得させた。




20180610054516.jpg

2018年6月10日(日) 晴れのち雨。

起床。ぐっすりと眠ることが出来た。軽くシャワーで汗を流す。
05:45 ホテルをチェックアウト。



20180610064032.jpg

06:20 米子駅発、米子空港行のバスに乗る。
途中、軍用機のような迷彩柄の飛行機があったので写真を撮ろうとしたが、バスが動き出し電信柱が重なってしまった。




20180610064432.jpg

06:30 米子鬼太郎空港に到着。




20180610065914.jpg

手荷物検査のゲートを通り、待合所で出発を待つ。今日は帰宅するだけでやることも無いので朝から350mlの缶ビールを買って飲み、喫煙所で煙草を吸う。
07:20 ANA382便の飛行機に乗る。
座席は26Aで窓側。機内サービスでホットコーヒーを飲む。途中でトイレに席を立つ。飛行機内は3列座席の真ん中が空席になっている所が多く、空いていた。




20180610084612.jpg

08:40 羽田空港に到着。
以降、京浜急行で横浜まで出て、自宅のある駅に帰った。

山は晴れていて清々しく、山行中や旅行道中も不安や心配事の発生も無く気持ちのいい登山が出来た。
以降は自己備忘のための掛かった主な出費である。

・ツアーパック料金(羽田―米子 往復航空券、ホテル1泊):28,800円
・米子空港―米子駅 往復バス代:1,180円(片道590円)
・米子駅―大山寺 往復バス代:1,440円(片道720円)
・温泉代:1,360円(入浴380円、生ビール500円、えび天そば480円)
・軽食代:2,000円程度(途中購入した自販機ジュース類、夕飯としたコンビニでの買い物等)
・羽田空港―自宅最寄り駅 往復電車賃:1,426円(片道713円)
合計:36,206円程度


(おわり)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/438-b761c8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]