FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

九州登山 霧島山高千穂峰① 

2018年4月30(月) 晴れ

20180430070348.jpg

07:00 朝食。
旅行二日目の朝。鹿児島空港周辺のホテル京セラにて宿泊に朝食券が付いていたのでバイキング形式の朝食を食べる。




20180430084152.jpg

08:40 ホテルを出発。




20180430084148.jpg

自分の車を探す途中、ある車が目に留まり砂まみれとなっていたので随分と山奥にでも行ってきた人がいるんだなと思っていたら、自分の車も砂まみれであった。桜島が近いのでそこから流れてきた砂塵だろうか。ワイパーからウオッシャー液を出して拭き取るとワイパーの可動域の終わりのところにびっしりと砂が固まってしまった。他に車に乗ろうとしている人が居たので見ていると、羽の箒で砂を落としていた。なるほど、あのようにすべきだった。
カーナビに目的地を設定して出発する。




20180430_霧島山

本日の目的としている霧島山の地図である。中央にある韓国岳(からくにだけ)が最高峰であり黄色の線が主要な道路である。韓国岳への登山コースは北側のえびの高原であり先ずはそこに向かった。最近に起きた噴煙の影響でえびの高原の道は規制で通行禁止となっており韓国岳へは登れないとのことだったので、行ける所まで近くに行こうと考えた。カーナビでナビゲートされた道は山の西側にある九州道を北上し、北側からえびの高原に入る道であった。
尚、この地図で右下にある緑色の線は最終的に私が歩くことができた高千穂峰を登ったコースである。




20180430100240.jpg

10:00 えびの高原の周辺に到着。
やはり通行止めとなっている。




20180430095446.jpg

通行止めの少し手前に温泉場があったので聞いてみる。やはり先ほどの看板から先へは通行禁止で歩いて先に行くことも規制されているとのことだった。




20180430100310.jpg

20180430100432.jpg

まだ朝なのでこのまま終わりとするには早く、どこでもいいから霧島山の山を登ることができないかと持ってきた九州の地図を眺める。南東の方に高千穂峰のという山がありここは登山が出来そうだ。高千穂峰を目的地として再出発した。
カーナビで目的地をセットするとどうしてもこのえびの高原を通るルートが案内されてしまうが、この道は通ることができない。東側か西側から霧島山を回り込んで南側に出る必要があるのだが、中継経路として設定すべき地名がなかなか分からなかった。来た道を戻るように西側から横川という所を経由して南側に抜けるコースを設定した。




20180430125154.jpg

12:50 霧島神宮に到着。
途中、霧島山の南側も通行禁止となっている道路が多いのでどのように行ったら良いか、高千穂峰の登山口となる高千穂河原ビジターセンターに電話して聞いてみた。ある道路を紹介され、その道に行くには先ずは霧島神宮を目指し、そこからビジターセンターに向かえば通行禁止となっていない唯一の道路を通って行けるとのことだった。そのため先ずは霧島神宮に来たのだが、せっかくなので観光していくことにした。




20180430125308.jpg

20180430125352.jpg

20180430125540.jpg

とても立派な社殿がある。霧島神宮は6世紀に高千穂峰の山麓に社殿が作られたのを機に、山岳信仰から始まった神社と言われている。現在の朱塗りの社殿は16世紀頃に立てられ、内部までこのような凝った装飾となっており西の日光との別名があるとのことだ。




20180430125630.jpg

20180430125644.jpg

20180430130302.jpg

一通り境内を歩いて駐車場に戻る。止まっていた観光バスには大きな西郷隆盛の絵が描かれていたが、鹿児島で土産物屋を覗くと特にこの西郷さんを結び付けた土産物が多かった。




20180430133702.jpg

13:35 高千穂河原ビジターセンターに到着。




20180430133214.jpg

高千穂峰に関する展示ブースのようなものがあり、中を覗くと逆鉾(さかほこ)のレプリカがあった。日本三奇と呼ばれる伝説があるそうで、高千穂峰の山頂に刺さったこの逆鉾はその1つだそうだ。




20180430134210.jpg

13:42 ビジターセンターで登山コースの案内を受け、登山道に出発する。


20180430134522.jpg

20180430134616.jpg

始めは神社の境内のようなところを歩いていく。




20180430135024.jpg

途中から右側についている石の階段を上っていく。山頂までは登りで2時間、降りで1時間半程度のコースとのことだ。


(つづく)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/423-a4af7ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]