FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

溜池山王 由丸(よしまる) 

2018年3月某日

20180325172950.jpg

溜池山王駅の近く山王交差点の目の前にあるビルの2階、由丸(よしまる)という豚骨ラーメンの店に入ってみた。狭い階段を上り店内に入るとお店の中は小奇麗な感じで女性客も多い。平日の13時を過ぎての来店であったがまだお店の中はお客さんが結構居た。




20180325172951.jpg

由丸ラーメン850円を注文した。煮卵1個、チャーシュー2枚、キクラゲ、ネギ、大きな焼海苔1枚。スープはドロッとした重い感じの豚骨で、まさに豚の油ですという感じ。麺は細いストレート麺でコシは無く粉っぽい小麦麺。麺の固さは注文の時に選ぶようになっていて固めが選択肢の真ん中だったので固めにした。
久しぶりに本場博多の豚骨ラーメンらしいラーメンを食べたのだが、私には重すぎた。私が歳をとって味覚や欲するものが変わったのだろう。特別な日でもないのにこれだけお店にお客が入っているので博多ラーメン好きの人には美味しいはずである。




20180325172952.jpg

一応、替え玉100円も追加した。しかしスープも麺も重い感じが苦しく、紅ショウガを多めに入れて一気にかき込んだ。私はモツ煮が苦手だが、苦手な食べ物が一つ増えてしまった。




[雑記]山に関する地名の由来について
私は山と渓谷という月刊誌を毎月買って眺める程度に読んでいるのだが、その中に面白いと思う記事があったので備忘のため記しておこうと思う。山の地名の由来に関するコラムだ。隅っこのコーナーで数ヵ月に渡り紹介していた。
「山」は元々「谷間(ヤマ)」だったそうだ。高い所をタケ、タカ、盛り上がった所をモリ、周囲より飛び出した所をハナ、一番上をアタ、平らな所をタイ、ダイ、谷をヤマと呼んでいたそうだ。その後、国家の進展とともに呼称に漢字を当てるようになりヤマには「山」が当てられ、中国では山の字が高所を示していることが分かり、次第にいわゆる山が定着したそうだ。
「谷」はタリ(垂り)の転で両側から湧き水が垂れてくる場所、「沢」は狭い所を示すサ(狭)バ(場)の転と考えられるとのこと。谷地名は西日本に多く、沢地名は東日本に多く見られる。東西で地名が分かれる理由として西のヤマト族、東のアズマ族の居住地域が関係するのではという仮説があるとのことだ。
地名に使われる色について、中国伝来の四神、青龍(青)、朱雀(赤)、白虎(白)、玄武(黒)が多いとのこと。山名の場合は山容や山肌、地形を表す言葉が色に変化したそうだ。崩壊地や崖のような場所はアボと呼ばれ青に変化した。明るい露頭のある山容の山にはアカが付きやすい。シロは雪化粧をした山容以外に、平ら・滑りやすいという地形的な意味のシロが白に変化した説もあるという。クロは赤黒い火山の特徴が由来とのことだ。
thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/420-ef99ecb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]