FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

白山登山④ 


10月1日(日)晴れ

20171001060632.jpg

05:00 起床。
朝食の時間より随分早く目を覚ました。朝焼けの周辺を散策する。




20171001060514.jpg

白山山頂に向かう祠の前には道案内の看板があり、そこには深田久弥氏の日本百名山からの引用文が書かれている。深田氏はこの白山が自身の故郷の山であり、最も思い出が深いと語っている。白山と呼ばれる山は世界中にあり、欧州ではモンブラン、モンは山、ブランは白、ヒマラヤではダウラギリ、ダウラは白でギリは山の意味だそうだ。




20171001060144.jpg

20171001060134.jpg

あまりに寒いので山荘の屋内に戻りストーブの前で温まる。この時の服装は登山服の上下にソフトシェルの上着を着ていたが防寒が足りなかった。フリースかダウンジャケットを持ってくるべきだった。




20171001062710.jpg

朝食の時間が近づき行列に並んでいると、タスキがたくさん入った箱が目に入った。開山1300年のイベントとして、タスキに自分の名前を書いて登頂し、タスキをここに返す仕組みのようだ。




20171001063740.jpg

06:30 朝食。
プラスチックのチケット券を渡し朝食を受け取る。夕食と変わらずおかずは質素だがエネルギー元としては十分だ。フリカケを掛けて食べる。




20171001071250.jpg

07:15 登山装備を整えトイレを済まし、下山を開始する。




20171001071244.jpg

20171001071402.jpg

気温はまだ低いが体を動かすとすぐに暖かくなり汗をかく前にソフトシェルジャケットを脱ぐ。




20171001071408.jpg

20171001073042.jpg

07:30 弥陀ヶ原に到着。




20171001073050.jpg

木道のすがすがしい道が続く。




20171001073216.jpg

07:35 黒ボコ岩に到着。




20171001073250.jpg

この黒ボコ岩は火砕流によって山頂から運ばれてきた巨大な火山弾だそうだ。




20171001073258.jpg

20171001074310.jpg

20171001074318.jpg

崖沿いの危なそうなところは石を詰めた道がしっかり作られており登山道はとてもよく整備が行き届いている。




20171001074326.jpg

気持ちのいい下山路が続く。




20171001080356.jpg

08:05 南竜道分岐に到着。
登りではここで間違えて南竜ガ馬場テント場の方に向かってしまった所だ。




20171001071412.jpg

20171001080400.jpg

20171001080410.jpg

20171001082002.jpg

08:20 甚之助避難小屋の上側の広場に到着し、休憩を取る。
この時点で帰りのバスの出発時間には十分間に合うことが分かっていたので、ここからはのんびりと歩いた。




20171001082006.jpg

20171001082012.jpg

20171001085224.jpg

20171001085228.jpg

08:50 別当覗のポイントに到着。




20171001091608.jpg

09:15 中飯場に到着。




20171001091626.jpg

20171001094152.jpg

20171001094214.jpg

下山最後の釣り橋を渡る。




20171001094256.jpg

20171001094442.jpg

09:40 別当出合に到着。
無事に下山となった。




20171001095308.jpg

売店にはお菓子が売っておりアイスを買って食べた。
帰りのバスの出発時間は11:30、13:30、15:30とメモして来ていたのだが、これは登山最盛期の夏の時刻表でこの日は13:30の1便しか無かった。随分と時間があるので空いているベンチで小説を読んだり昼寝をしようとした。そのうちに下山してきた人が到着してきて、20分置きに出発している一ノ瀬行のバスに乗って行った。一ノ瀬というところは車で登ってこられる最終地点で、マイカーで来た人はそこに車を置きバスで別当出合に来ることになる。私は金沢駅までバスに乗る必要があるので13:30発の金沢駅行きに乗るしかない。
待ちぼうけしていると、バスの係員の方が金沢行きでも一ノ瀬まで先に降りた方が良いと勧めてくれた。そこには温泉もあり、ここ別当出合は13:30まで混雑するから出来ればそうしてほしいという。




20171001111006.jpg

11:10 一ノ瀬に到着。
ここに大きな駐車場があり、多くの人は自分の車に乗りここから帰宅に向かった。私と同じ金沢駅まで行くのであろう人も少ないが何人かおり、食べる所や温泉を探した。食べる所は無かったが、目の前に民宿の温泉があり、入ることができた。永井旅館さんで立寄り温泉は600円。




20171001113830.jpg

温泉は古いが立派なもので気持ちよく汗を流した。風呂上りの缶ビールが美味しい。
バスは13:45にここに来た。バスは満席でここで待っていた人達ように2台目を出してくれたので全員座席に座ることができた。途中下車しているので普通なら少し代金が高くなるのだが、別当出合での混雑緩和に協力してくれたということで直行分の2,200円でよいとのことだった。北陸鉄道バスの係員の人はいろいろ対応に心配りがあり、とても親切で好感を持てた。




20171001161354.jpg

16:10 金沢駅に到着。
新幹線の切符を買い、出発までに食事を取ろうと駅ビル内にあるお店に入った。まずは生ビールで再び喉を潤す。




20171001161752.jpg

かつ丼と蕎麦のセットを食べた。




20171001170024.jpg

17:04発 かがやき530号に乗る。
金沢発-東京着で乗車賃7,340円+特別料6,780円=合計14,120円。指定席で車両先頭の通路側に座った。窓側はどこにも空き座席は無かった。ここでも缶ビールを1缶買って持ち込んでおり、電車が動き出すと1缶空け、すぐに寝て東京に向かった。

19:44 東京駅に到着。
駅構内の喫煙所で煙草を吸い、京浜東北線で横浜の自宅に帰る。

今回の登山では私自身のヘマが多かった。ヘマはいずれも結果的に大変な問題にはならずに済んだが、もう少し気を付けないといけないと反省する。今回は久々に山に人が多く、多少観光地化した登山となっていたことが、ひょっとするとミスの連発に関係したのかも知れない。
今回の山行にて、次回につなげるための気づきのメモを記しておく。
・秋冬では、山小屋宿泊での防寒用にダウンかフリースのジャケットを持ってくること。
・山小屋や夜行バス中で空気の乾燥がむごいことがあるので、マスクを持ってくること。
・帰りのバスの発着時間は、最新の情報をメモして行くこと。
・山行中は、人が多くても慌てないこと。

今年も、夏山のシーズンが終わろうとしている。冬山に挑戦しようか、考えている。

(おわり)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/418-6cc3d66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]