FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

笠ヶ岳登山① 


9月15日(土)曇り

20170916225850.jpg

北アルプスにある笠ヶ岳に登山に出掛けた。
土曜日の夜行バスで出発し翌朝着、登って山頂の山小屋に1泊し、翌日敬老の日で祝日の月曜日に下山し長距離バスで帰ってくる。これを毎日新聞社の登山用夜行バス、アルペン号で予約した。行きと帰りのバス、山小屋での1泊2食のチケットがセットで27,300円。

22:45 新宿西口の都庁地下駐車場にて受付。
今回は行きも帰りも3列シートのバスで予約しておいた。ゆったり座れるように3列シートバスを予約したのだが、乗ってみるとほとんどガラガラであった。天気予報では大型の台風18号が日本列島に上陸する予定で、この時既に九州辺りに上陸していたのだ。このため、多くの人が登山バスはキャンセルしたのであろう。キャンセル料金は当日で半分の金額となっていた。私はどのみちお休みの日であったので、キャンセル料金を払うぐらいなら現地まで行ってみて、登れなさそうなら上高地で宿を取るなどして旅行としてでも行ってみようという気分でやって来た。




20170917052600.jpg

9月16日(日)曇りのち雨

05:30 登山口となる新穂高温泉に到着。
バスは途中2回のトイレ休憩でサービスエリアに寄り、新穂高の前に平湯温泉に寄りここに到着した。バスに乗っていたほとんどの人が平湯温泉で降りた。平湯で降りた方は、そこから上高地への早朝バスが出ておりそれに乗るようだった。ここ新穂高温泉まで乗っていたのは私以外に女性が1名、男性が2名であった。




20170917052740.jpg

バスを降車したロープウェイ駅から少しだけ車道を降り、新穂高登山口のビジターセンターに向かう。




20170917053924.jpg

20170917053030.jpg

ビジターセンターでトイレを済まし、持ってきたおにぎりを食べて朝食とする。一緒に降りた方達も皆ここに来ており、女性は離れていたのでどこに向かうか分からなかった。男性2人は共に高齢の方で、私と同じ笠ヶ岳に来たとのことだった。この時点では登山口ではまだ雨も降っておらず風も無く、私達はもう台風が来るが登る気になっていた。




20170917053858.jpg

20170917054526.jpg

男性2人を後にして先に出発した。ご高齢のように見えたので一緒に歩くにはペースが合わないかも知れないと思ったことと、万が一の事が気になったからだ。万が一とは、台風が来ているために万が一登っているときに大変な天候になったとき、私はそれでもこの北アルプスのメジャーな登山道ならどうにでもなる、何なら甲斐駒ヶ岳黒戸尾根で前にあったように下山できないほどピンチとなったらエマージェンシーシートを被ってビバーグでも何でも出来る自信があったが、他の方までの面倒を見る自信は無いと考えたからだ。




20170917000000.png

20170917000001.png

今回の当初計画した登山ルートである。新穂高温泉から笠新道に入り、北へ長い急登の笠新道を登りきって稜線に出て、笠新道分岐から稜線上を西に笠ヶ岳の山荘、山頂を目指すコースだ。おそらく最も一般的な笠ヶ岳のルートである。結果的にはこのルートを計画通り登り、帰ってきた。




20170917054546.jpg

ビジターセンターからめぐみ橋を渡り、いよいよ登山の開始である。




20170917054712.jpg

20170917055204.jpg

はじめはアスファルトの道を笠新道入口を目指して歩いていく。




20170917055222.jpg

20170917055536.jpg

途中にゲートがあり、このゲートの脇を通って先に進む。




20170917061944.jpg

20170917063854.jpg

笠新道入口までは砂利道とコンクリートで固めた道が交互に続いていた。




20170917064248.jpg

06:40 笠新道登山口に到着。




20170917064300.jpg

湧き水が出ており、ここから笠ヶ岳までは水場は無い。500mlのポカリのペットボトルを3本持ってきており、これで十分だろうと踏んで水の補充はしなかった。




20170917064316.jpg

ここから山に入らず、砂利道を真っすぐ行くとわさび平、更に先には双六岳へと続いている。




20170917072718.jpg

笠新道に入っていく。登山地図ではここから稜線上に出るまでコースタイムで6時間強、ずっと急登とのことだ。
はたして、どうなることか。




(つづく)

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/kBFKJk
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

あゆ #- | URL | 2017/09/26 20:57 * edit *

Re: タイトルなし

あゆ様

コメントありがとうございます。
申し訳ないのですが、どういう相互リンクを希望されているか分かりません。私であれば、ブログ友達の申請をする際はどんな共感を得たか、どういう思いかを説明して申請させていただいております。繰り返し申し訳ないのですが、スパム的なコメントと見受けられます。批判的な返信となり、誠に恐縮です。

伊勢佐木長者町 #- | URL | 2017/09/26 22:18 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/411-32f6be54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]