FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

登山道具 

10月2日(日)雨。

fc2ブログには管理画面というものがある。
これには自分が登録したコミュニティなどが見れるが最近面白い機能があることに気づいた。自分のサイトにアクセスが来た記録が残っているのだが検索サイトから検索して来た場合にその検索キーワードまで見ることができる。私のブログはほとんどが横浜中華街でのランチメニューを食べてきた感想だが、面白いことに半数以上が1度だけ書いたパタゴニアのウエアの製品名がこのブログに来た検索キーワードとなっていた。
おそらくそういったキーワードで検索してここに来た人は今日もまた中華街などという訳のわからないブログタイトルとただその製品を買ったという記録だけの記事を見てがっかりして帰ったと思う。これから冬に向けて登山用品メーカーの物を買おうとしてその感想記事を探している人も多いのだろう。
需要があるかはわからないが、私の登山に関する装備を紹介してみようと思う。

また、この管理画面にはブロとも登録という機能もあり2名の登録希望が着ていた。早速登録させていただいた、ありがたいことだ。気になるのはこの機能に気づいて2つの登録申請を見ると日付が共に2,3日前と新しい。ひょっとすると前にも申請をいただいていたが日付が古くなり機能に表示されていないという可能性もある。万一以前登録申請していただけた方がいたら再度申請をいただけるとありがたい。


20111002_ライケル
20111002_ライケル2
20111002_ライケル3
登山用の靴としてライケル社Mt.Crest GTX MAMUTT。2,3年前登山好きの友人に誘われた川崎辺りの登山用品店で購入した。店の名前は忘れた。30,000円ぐらいだったと思う。友人に登山を誘われ、まずは靴だということで靴だけ購入した。すぐにその友人と神奈川の丹沢に登りに行ったのだがこれが結構ハードだった。標高自体は低いらしいがコースのアップダウンが激しく後で調べると登山案内サイトでは結構なハードコースに位置づけられるコースだった。友人は先の店でカセット式のバーナーを買い山頂でラーメンを作って食べた。眺めは絶景で友人と道中に大きな口喧嘩もしたがいい思い出だ。このときこのコースにはヒルが出る可能性があるとのことで友人が事前に調べていて靴に塩をかけておくといいとなった。行きの途中でコンビニに立ち寄ったのだが素材そのままの塩がなく味の素の塩を買って靴に降りかけた。効果があったかはわからない。最近、登山用品店に行くと小物売り場で虫除けのスプレーなどを見かける。あの時は味の素を降りかけた。いい思い出だ。売り場で便利そうな虫除けグッズを見ると思わず懐かしい笑いがこみ上げる。

靴自体はよくできていると思う。購入当初はメーカーも何もわからず購入したが、今調べるとライケルというのは登山靴メーカーとしてはそこそこ老舗で有名だそうだ。




20111002_パタゴニアトレントシェルジャケット
[商品]防水性/透湿性/軽量Patagonia(パタゴニア)MEN’S TORRENTSHELL JACKET(メンズ トレントシェルジャケット)83800(PGG00002PGG02S03PGG02C01)
サイズ:M カラー:BLACK 価格 13143(円)
今年8月、楽天サイトからee-shoping社で購入した。Webでの買い物は過去のメールをあさると詳しい内容が掘り起こせるので便利だ。
商品が到着してまずその商品の薄さに驚く。A4ぐらいのビニールにパウチされていたと思うがペラペラだった。これは服か、何かの間違いか、と思ったが、開けてみるとこの商品だった。登山用品はほとんどがその軽量さ、小ささに磨きがかかっておりこの梱包もあえてそのバッグに入れて運ぶ際の場所の取らなさをアピールしたものと思う。開けて袖を通すとかなりペラペラだ。まだ寒くなっておらず外に着て出たことはないが一度肌寒くなってきたとき夜にこれを着て寝てみた。夜中に汗びっしょりになっていて起きた。なるほど体温をほとんどまったく外に逃がしていないようだ。一人暮らしなので最近夜肌寒いときにTシャツの上に着ているが途中で暑くなり脱いでTシャツになってまた寒くなったら着るというのを繰り返している。形も気に入った。私は168cm、57kgでやや背が低いかもしれない中肉中背なのだがMサイズで丁度よい。特に袖は長く手の指先手前ぐらいまで重なる長さがあるのだが袖が長いのは好きな形なので満足だ。腰は足の付け根手前ぐらいまである。袖や胴回りは細く、私の体型はほんの少しだけ痩せ型と思うがそれでもあまり中には着込めない感じだ。中に着れるのはシャツとネルシャツ1枚ぐらいだろう。フリース素材などではこの上着と中のフリースが密着してしまいそうな気がする。私は気に入ったらいつまでもそれを着続けるほうだが、これはおそらく破れたり何か致命的になるまで着続けるだろう。




20111002_パタゴニアピオレットジャケット
[商品]パタゴニア ピオレットジャケット メンズ(Patagonia M's Piolet Jacket) Mサイズ - ブラック(BLK-155)価格 33800(円) x 1(個) = 33800(円) (税込、送料込)
今年9月、楽天サイトからキャンプスター楽天市場店で購入。
上のトレントシェルを買うときこちらと迷ったのだが結局こちらも買ってしまった。登山以外に冬場の通勤でも着ようと思っていたのだが先の物ではスーツの上からは着れないと思い結局こっちも買ってしまった。トレントシェルよりはしっかしした生地となっており折りたたむと多少かさばるがそれでもゴアテックスなので登山品とうたっていない一般のものと比べるとかなり軽量、薄生地だ。こちらもこれを着て外にでたことはまだないがフォルムも含めて気に入っている。良かったと、それと実感、経験する機会がまだなくとも、ゴアテックスのように世の中の高機能的なものを持っており何かあったときそれが効果を出すだろうというものは私の気に入る要素だ。会社帰り、雨が降ったらある程度なら傘をささずフードをかぶって帰宅することを想像すると今から冬にこれを着るのが待ち遠しい。




20111002_モンベルレインダンサーパンツ
(モンベル)mont-bell レインダンサーパンツ Men's 1128264 シャドウ ML ウェア&シューズ; ¥ 9,087
今年9月、Amazonで購入した。先に書いた友人と共通の友人が最近登山に夢中になり、いろいろと登っているようだ。その友人の影響を受けて私もここに来て登山用具を揃え始めているのだがその友人いわく、まずは靴、レインウェア、バックの3つだそうだ。レインウェアを調べるとそれ専用で1~3万円台でいろいろな商品があるが、私の場合既にウエアはあるようなものなので下だけ追加で買った。これも届いてみるとそのコンパクトさに驚く。500mlペットボトルよりやや小さいぐらいの布のケースに折りたたまれて詰まっている。買うときサイズがMやL以外にその中間のMLというのもあり迷ったがMLにした。足を通すと期待したとおりほんの少しだけ大きめでジーパンの上から履いても十分動きやすい大きさだった。これは普段着では着る機会はないだろうが山に行って雨となったらズボンの上からこれを履けば万全だろう。




20111002_ツアーライト30
[商品]deuter(ドイター) バッグ HIKING(ハイキング) Tour Lite 30(ツアーライト30)(D43010) カラー:1630(スレート×グレー)価格 10350(円) x 1(個) = 10350(円) (税別、送料込)
今年9月、楽天サイトにてaround sports店で購入。バッグは買う際一番迷った。その友人と相談した際、バックは用途により使い分けるから30Lぐらいと60Lクラスの2つは要るが1つ買うなら30L持っておけば1泊分ぐらいまではいけるとのことで30Lクラスで探した。いろいろウェブを見て回ったがメーカーとしてカリマーかドイターのどちらかが私には気に入った。最後まで迷ったのはこのドイターのツアーライトかリッジというものだった。リッジという方がこのドイター社の主流の商品のようだったが店先で実物をみたとき、形がこちらのツアーライトが気に入りこちらにした。背面にやや固めの板が入っておりそれが重さをささえるという登山バッグの一般的な作りだ。背面に縦に2本のクッションがラインになっておりラインとラインの間に空間がある。ここを通って背中の廃熱がされるとのことだ。ドイター社の他のバッグでは背中の板の手前にメッシュ上の固めの網のようなものがあり、背中とバッグ本体の間に面としての空間があり廃熱できるとのこと。この仕組みをドイターが開発し売りにしているが最近はいろいろなメーカもこの方式を採用しているようだ。
これもまだ実際に使っていないので実用の感想までは書けない。
購入者の感想として記事を書こうと思い立ったのだがほとんど実用の感想とはならなかったようだ。




20111002_パタゴニアトレントシェルジャケット2
この記事を書こうと思ったとき、最初はすべて着たり付けたりして画像を撮って感想記事を書くつもりだった。私の家はワンルームマンションで鏡は入り口ドアのところの全身鏡しかない。トレントシャツを着て鏡の前に立つが、入り口は狭く幅が5,60cmだろうか。反対側にへばりついて自分を撮ってみてもうまくは撮れない。また、携帯の写真機能で撮っているのだが自分で自分を撮るという機能は無く、これもあって難しかった。一枚だけ撮って諦めた。

thread: 登山 | janre: スポーツ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/39-bb743708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]