FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

甲斐駒ケ岳登山① 

2017年5月2日(火) 晴れ

ゴールデンウィーク休みを利用して、南アルプスの甲斐駒ケ岳に登ってきた。
事前に毎日アルペン号の深夜登山バス、八王子発―甲斐駒ケ岳登山口(尾白川渓谷入口)着を予約。往路のみで6,500円。甲斐駒ケ岳への登山コースはこの尾白川渓谷入口から黒戸尾根経由で登るルートと北沢峠から登るルートがあり、北沢峠へ行くバスもあったが黒戸尾根コースを選んだ。
北沢峠にあるこもれび山荘に5月3日に宿泊の予約を入れ、甲斐駒を縦走したら宿泊し、翌日は南側の仙丈ケ岳を登って帰宅する計画を立てた。


20170502000001.png

20170502000002.png

上が甲斐駒ケ岳への往路の画像、下が復路の画像である。縮尺が違うのがはっきり分かるほど往路の黒戸尾根コースの距離が長い。調べるとこの黒戸尾根は日本三大急登の一つとなっており、とても距離と高度差がある。登山口から山頂までの標高差は2,200mもある。




20170503032816.jpg

24:00 京王八王子駅に集合。
24:15 京王八王子駅をバスが出発。
バスは空いており2座席分を一人で使えた。どこか別の場所へ行く人達と合同のバスで黒戸尾根の入り口に向かうのはその内の三人だけだった。途中サービスエリアに二回休憩に立ち寄り、我々
三人は最後にマイクロバスに乗り換えて尾白川渓谷駐車場に到着した。
03:30 尾白川渓谷駐車場を出発。




20170503033040.jpg

三人で挨拶し、一人は今日は七丈小屋に泊まり明日山頂に行くのでのんびり行くという。もう一人は日帰りということでこの方と一緒に歩き始めた。




20170503033702.jpg

登山口の所に神社がある。お参りをして安全を祈願する。




20170503033812.jpg

川を渡る吊り橋を渡り、出発する。




20170503050342.jpg

所々で展望がひらける場所が出てきた。画像が明るいのはフラッシュがたかれたためで辺りはまだ真っ暗である。




20170503051050.jpg

06:30 笹ノ平に到着。(コースタイム02:30、実時間01:50)
いいペースでここまで来られた。一緒に出発した人は私よりペースがかなり速かったので先に行ってもらった。この辺りから1人旅である。




20170503051102.jpg

日が出て明るくなってきた。ヘッドランプを外す。




20170503053934.jpg

石碑のような物があり写真を撮る。この後、黒戸尾根にはこのような石碑を至る所で見かけた。信仰の山として有名な登山道であったのだろう。




20170503061442.jpg

ひたすらに勾配のきつい山道を登る。この辺りで登山開始時にお決まりの汗だく、息切れモードが終わり、体が軽くなってきた気がする。




20170503065102.jpg

進行方向に向かって左側、つまり南側を見ると鳳凰三山がよく見えた。その向こうには富士山が見える。




20170503065106.jpg

振り返ると北側の登山口だった所が見える。




20170503065112.jpg

20170503065122.jpg

20170503065156.jpg

この辺りから鎖場などが出始めた。まだ体力があるので問題なく登れる。




20170503065302.jpg

20170503070932.jpg

危ないところには階段が付いている。幸い数日晴れが続いていたので雪のないところは乾いており安全に登れた。こういう設置物は濡れていると滑るのでとても怖い。




20170503071720.jpg

20170503071826.jpg

07:20 刀利天狗に到着。(コースタイム02:00、実時間02:10)
実時間は休憩なども入るのでまだまだ良いペースだ。

(つづく)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/378-ee1d0781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]