FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

塩見岳-間ノ岳-北岳登山⑤ 


塩見岳-間ノ岳-北岳登山⑤

2016年8月28日(日)曇りのち雨。

20160828014.jpg

三峰岳を出発して間ノ岳へ向かう。眼下には雄大な景色が広がる。




20160828017.jpg

目指す間ノ岳が見えてきた。手前の頂を登り詰めて分かったが、間ノ岳はこの写真の奥の山頂であった。




20160828018.jpg

20160828019.jpg

間ノ岳山頂に到着。標高3,190m。南アルプスの山は今でも高さが伸びており、間ノ岳は標高で日本で4番目に高い山であったが、近年の計測で1m伸びて3番目に高かった北アルプスの奥穂高岳と同じ高さになったということだ。台風が近づいている影響だろう、道中はほとんど登山客とすれ違うことは無かったが、ここに1名若い男性の登山客がいらっしゃった。下界の友人だろう、携帯電話で降りたら焼肉だとか大声で話している。わざわさ私たちツアー参加者の休憩場所の真ん中に来て大声で話しているのである。女性参加者から聞こえないように小さい声で、下界の話は小さい声で話してほしいねえという愚痴が聞こえた。全くその通りだった。




20160828020.jpg

遠くに富士山が見えた。




20160828021.jpg

20160828022.jpg

20160828023.jpg

間ノ岳から北岳までは、しばらく比較的のんびりとした稜線を進む。雄大な富士を拝みながら気持ちよく歩く。




20160828024.jpg

20160828026.jpg

20160828027.jpg

間ノ岳と北岳の間にある中白峰に到着。標高3,055m。宿で配られたお弁当のおにぎりを食べる。




20160828028.jpg

20160828029.jpg

一旦下って北岳直下の北岳山荘に到着。トイレ休憩をする。




20160828030.jpg

20160828032.jpg

20160828033.jpg

北岳山荘から北岳への道は一転して急騰となる。まだ新しい鎖や梯子等で登山道が整備されているところは、昨年滑落による死亡事故が起きたところだそうだ。




20160828034.jpg

タカネビランジという花だそうだ。




20160828035.jpg

20160828036.jpg

登りきって北岳山頂に到着。標高3,193m。日本で富士山に次いで2番目に高い山だ。山頂は風が強く長居せず出発する。




20160828037.jpg

北岳肩の小屋を目指して黙々と降りる。




20160828038.jpg

この日の宿泊場所、北岳肩の小屋に到着。




20160828039.jpg

添乗員さんが受付をしている間、暖かいコーヒーを買い一服する。私は山行の度に登った山の登山バッジを買い集めているのだが、今回の山行では塩見岳のバッジを三伏峠小屋、間ノ岳と北岳のバッジをここ肩の小屋で購入することができた。




20160828041.jpg

夕食は白身魚の煮付け風、シュウマイ、味噌汁等。




20160828040.jpg

台風が来ている影響だろう、ここでも寝る大部屋は私たちツアー団体でほぼ貸切であった。敷布団1枚に2人寝るように掛ける毛布が並んでいたが、敷布団1枚に1人寝てよいとのこと。1人分のスペースを広々と使えた。私は過去の山小屋泊経験から小屋泊用に耳栓を持ってきているのだが、今回の同行者はイビキや寝言がうるさい人はほぼおらず、使う機会は無かった。
食事後はまた缶ビールを買い、タバコを吸った。この夜は大雨となり寒くて小屋の周囲の散策まではできなかった。8時半消灯とのことだったが7時半には眠ってしまった。この日も途中起きたりするまで目が覚めることなくぐっすりと眠れた。

(つづく)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/348-2705df50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]