FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

2015年9月15日横須賀芸術劇場 浜田省吾ON THE ROAD 2015 “Journey of a Songwriter” 

2015年9月15日(火)晴れ。

20150924081106.jpg
浜田省吾、8年ぶりのホールツアー「ON THE ROAD 2015 “Journey of a Songwriter”」開幕2日目の横須賀芸術劇場に行ってきた。

曲目リスト

1.永遠のワルツ(インストゥルメンタル)
2.光の糸
3.旅するソングライター
4.マグノリアの小径
5.美しい一夜
6.サンシャイン・クリスマスソング
7.瓶につめたラブレター
8.五月の絵画
9.ハッピー・バースデイソング
10.夢のつづき
11.夜はこれから
12.恋する気分
13.きっと明日
14.アジアの風 青空 祈り part-1 風
15.アジアの風 青空 祈り part-2 青空
16.アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
17.誓い

18.光と影の季節
19.二人の絆
20.恋は魔法さ
21.君の名を呼ぶ
22.ON THE ROAD
23.J.BOY

アンコール

24.二人の夏
25.演奏旅行
26.永遠のワルツ
27.家路

2か月前ぐらいか、友人に誘われ浜田省吾氏の公式サイトON THE ROADで会員登録し、チケット申込み。仕組みは2名ペアで希望日に応募し抽選。私とペアになって申し込んでくれた友人が一発で当選してくれた。もう2人、友人がペアで申し込んだのだがそちらは外れ、以降追加申し込みが発表されるたびに応募したようだが結局チケットは得られなかった。チケットは9,500円。入金の手続きをするとサイトのマイページにQRコードが表示されるようになり、当日はこれと身分証を提示して受付で本人確認がされるとようやく入場できる。随分と厳重なシステムだ。私たちのような4人組など2名以上で行きたい人も多いだろう、この2名ペアで当落があるというのは仲間内で行ける人、行けない人がでるので少し悲しい。
当日、私は会社を早退し少し早めに横須賀に入った。コンビニで缶ビールを1本煽り友人と合流する。
入場すると紙のチケットを渡され、初めて座席が分かる。5階5CD列19番。残念ながら座席は最後列、しかし左右でいうと中央のど真ん中だ。

18:30 開演。
第1部で新アルバム「Journey of a Songwriter」の曲をやりきり、第2部でツアーでお馴染みの昔の曲をやるという曲目リストだ。座席からの眺めは最後列で心配したが全く問題なかった。さすがは芸術劇場、最後列といえども省吾がとても大きく見える。また前後の座席の縦の段差が大きいので前の人の頭が邪魔するということも無い。ここ横須賀芸術劇場は2,000人ちょっとしか入れない。やはり数万人入るアリーナとは座席に関しては比べ物にならない。
曲間ではこれもツアーでは人気がある同級生の町支寛二が「僕もうおじいちゃんだから」を繰り返しており、「じゃあ同い年のおれはどうしたらいいんだよ!」とトークも面白かった。他に二人の夏の前には愛奴としてデビュー当時の曲も売れない、お金も無かったという苦労談を披露した。
音の良い悪いに関して私はほとんど無知と言ってよいが、音があまり良くなかったように感じだ。特に曲のスタートからコーラスのように始まる曲では省吾の低音ボイスがくぐもって何と歌っているのか聞き取れないレベルだった。芸術劇場という仕組みも影響していたのかも知れない。これが、良い音、というものなのかも知れないが、私にはもう少しクリアに聞きやすい音の方が好きだ。
照明効果は素晴らしかったと思う。光と影の季節では、会場全体が大地のように表現され、大地に省吾がただ一人立って歌っているように見えた。
ツアーでお馴染みだと思っていた年代別に手を挙げて、というのは今回は無かった。ホールツアーではやらないのか、もうこの企画はやらないのかは分からない。


20150915235051.jpg

20150915_Tシャツ
販売コーナーで友人とTシャツを買った。省吾が二人肩を組んでいる。写真の上の方には勝利への道の英訳の歌詞が書かれている。友人同士の集まりがあれば二人でこれを着て行こうと企み、いい買い物をしたと思う。

thread: LIVE、イベント | janre: 音楽 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/337-65f96c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]