FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

木曽駒ヶ岳・空木岳 登山① 

2015年9月3日(木)曇り
百名山二座、木曽駒ヶ岳、空木岳を2泊で縦走する登山に行ってきた。

20150903_地図
初日は上図でオレンジ色のルート、駒ケ根ロープウェイで千畳敷まで登り宝剣山荘、木曽駒ヶ岳登頂。降りて宝剣山荘で一泊する。
二日目は青色のルート、宝剣岳、極楽平、島田娘、濁沢大峰、檜尾岳、熊沢岳の稜線伝いに幾つかのピークを踏み木曽殿山荘に一泊する。
三日目は緑色のルート、空木岳のピークを踏み、南側に標高差2,000mを下りて木曽駒ヶ岳高原スキー場まで下山する。
毎日新聞社のまいたび登山ツアーを利用し、新宿から現地まで往復のバス移動、ロープウェイ利用、山小屋宿泊、夕食・朝食・お弁当、帰りの温泉が付いて料金56,000円。山行中は添乗員さんと登山ガイドさんの2名が案内してくれる。




20150903071415.jpg
06:15 関内駅を出て横浜で湘南新宿ラインに乗換。
06:57 新宿着。集合場所は西口の明治安田生命ビル前。




20150903084204.jpg
07:30 バスで新宿を出発。
08:40 一回目の休憩となる談合坂サービスエリアに到着。




20150903084238.jpg
今回乗ったバス。
ツアーの参加者は女性8名、男性6名の計14名。幾つかは2人席を1人で使用しているとことがあったが、私は最後尾の座席の窓側、最後列は5人席に男性4名。前に聞いたことがあるが、バスの座席で当たり外れがあるが、これはツアーの申し込み順で決めているのだそうだ。私は一週間前ぐらいにこの週に夏休みを取ると決まり、慌ててこの手頃なツアーを申し込んだので最後の申込者だったのかも知れない。




20150903101719.jpg
10:15 二回目の休憩、諏訪湖サービスエリア。
バスは中央道を走り、この先の駒ケ根インターチェンジで高速を降りて登山の出発点に向かう。




20150903110149.jpg
11:00 駒ケ根ビジターセンターに到着。




20150903113912.jpg
木曽駒ヶ岳に登るロープウェイを利用するのだが、ロープウェイの出発駅までは一般車やバスは乗り入れできなため、ここからシャトルバスに乗り換える。
霧のような雨が降り出しており、この時点から雨具上下とザックカバーを付ける。




20150903115108.jpg
ロープウェイ乗り場でロープウェイの出発を待つ。
ここの土産物売り場で木曽駒ヶ岳、空木岳の登山バッチを見つけ、早速買っておく。私は登山した山の記念バッチを集めているが、山行中はなかなかスケジュールや行動に制約があり結局バッチを買う機会が無かったという経験が過去に何度かある。登頂して初めてバッチを買うという人もいるだろうが、私は登る前でも買っておいてしまう。




20150903123139.jpg
12:30 ロープウェイに乗り終着点の千畳敷ホテルに到着。
登る前にここで昼食休憩となる。私は持ってきたおにぎり2個を食べた。



20150903123120.jpg
あいにくの雨で風もかなり強い。




20150903125715.jpg
13:00 登山口となる千畳敷ホテルを出発。




20150903132017.jpg
ここ木曽駒ヶ岳は花崗岩の隆起から成るそうで道にゴツゴツした大きな石が多い。




20150903132031.jpg

20150903133552.jpg
13:35 乗越浄土なるところに到着。




20150903133810.jpg
13:40 本日の宿となる宝剣山荘に到着。




20150903133922.jpg
雨とそこそこの急騰に疲れ、しばらく休憩する。
ここから木曽駒ヶ岳に登るが既に雨風ともに強く、希望者のみとなり既に木曽駒ヶ岳に登ったことのある人だろう4,5名はここで休むことになった。




20150903133957.jpg
入ってすぐの食堂のような広間にはストーブが2つ置かれていた。これはとてもありがたい。ストーブは常にここを訪れた人達に囲まれていた。




20150903134439.jpg
13:50 木曽駒ヶ岳登頂を目指して宝剣山荘を出発。




20150903135207.jpg
宝剣岳に向かう方面と木曽駒ヶ岳に向かう方向との分岐のようだ。




20150903142917.jpg
14:30 木曽駒ヶ岳山頂に到着。標高2,956m。
晴れていれば南北アルプス、御嶽山と360度のパノラマの眺望とのことだ。




20150903142935.jpg
風も相当に強い。山頂には鳥居がありやはり信仰対象の山であることが伺える。




20150903143024.jpg
景色は見えないが登山講師さんが一通り説明をしてくれる。
地元では南アルプスの甲斐駒ケ岳のことを東駒、ここ木曽駒ヶ岳のことを西駒と呼んでいるそうだ。




20150903155620.jpg
15:10 宝剣山荘まで下山。
売店で缶ビールを買いストーブの前で飲みながら夕食を待つ。
ここ宝剣山荘は二階が宿泊部屋になっており、それぞれ個室で私は6号室に割り当てられた。年配の男性と3名での相部屋。相部屋となった方は勿論、ツアーに参加された皆さんは皆気の良い人達でとても良かった。部屋はおそらく4人用の部屋であろう。また、この宝剣山荘の裏にもう1つ天狗荘という建屋があり、ここが一杯になると天狗荘も使うそうだ。




20150903165348.jpg

20150903165354.jpg
17:00 夕食。
もも肉のヒレ肉のから揚げ、何か分からなかったが肉の天ぷらのようなもの2つ、キャベツ、ひじき、黒豆、きなこ餅3個、みかん。ご飯とみそ汁。とても美味しかった。ご飯とみそ汁はお替りができて2杯食べた。

その後、消灯時間まで時間があり普通なら山荘周辺をうろついたり日の入りを見たりといった山小屋時間となるのだが外は雨と強風。小屋の中でカップ酒を買い、飲んで時間を潰した。ツアー客の女性の方は靴が浸水してしまったのだろう、一生懸命ストーブに靴や靴下を当てて乾かしていた。私は今回どこも内側まで濡れることは無かった。私にとっては有り得るとすれば汗かきなので中のシャツなどが汗でぐっしょりと濡れることだが、本日は行動距離も短く日差しが照って暑いという状態でもないので少し湿っただけで小屋の中で着ているうちにすぐに乾く程度で済んだ。また、過去に登山中の雨に濡れてデジタルカメラを二度壊してしまった経験があり、今回は防水タイプのデジカメを買って持ってきていたのでカメラについての心配も無い。大雨の中カメラを使っていると途中で水中モードに切り替わりビックリしたが、まあこのカメラについては別の記事で改めて書こうと思う。

20:00 消灯。
布団に入るとすぐに眠ることができた。


(つづく)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/328-b4326036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]