FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

伊勢佐木モール - 三國屋 

9月30日(日)晴れ。
この日も伊勢佐木モールの歯医者へ。
右上の虫歯を削っており、型を取ってゴムのようなものを詰めていて今日金属をはめた。
診療代4,460円。
料金は高いと思うが領収書は大きく明快で何の処置に何点でだからこの値段と書かれている。点数に応じて金額が何かの規格で決まっているのだろう。とすると、どこの歯医者でもこの治療内容だとこの金額になるような気がする。それが正しければ、説明は丁寧で治療も1つ1つ適切だったと思う。他に小さな虫歯が2箇所あるがどうするかと判断を委ねられた。治療してもいいし様子を見てもいいという大きさの虫歯とのこと。治療をすると今詰めている金属を外して新たに付け直すというまた大掛かりなものになりそうだ。ここで治療をやめておいた。ここに来るきっかけになった歯の痛みは既にない。結果的にここは良い歯医者だったと思う。




DSC00338.jpg
昼に伊勢佐木モールの関内駅側の入り口近くにあるラーメン屋に行った。三國屋。ここは確か前は壱六家という店だった。同じ横浜家系のラーメン屋だが屋号が変わっている。理由は分からない。経営上の都合か何かかもしれない。
店内も前と変わっていない。カウンター席のみで10席程度、オーソドックスなラーメンをがっつり食って帰るだけ、というシンプルなスタイルだ。




DSC00339.jpg
塩ラーメン650円を注文した。固め濃いめ、油については何も言わず普通にした。




DSC00341.jpg
卓上に何か張り紙がある。なるほど、伊勢佐木モールには他に三國屋というラーメン屋が数年前にできたが、そこと同じチェーン店だろう。こんな感じの張り紙がそっちでもあった気がする。卓上の調味料は一般の家系ラーメン屋と同じ、練唐辛子とおろしニンニクの瓶が目を引く。




DSC00342.jpg

DSC00343.jpg
塩ラーメンが来た。
麺、スープ、チャーシュー1枚、ほうれん草、海苔3枚、ネギ、うずらの卵1個。
うずら以外は家系のオーソドックスな具材だ。うずらは三國屋のアクセントだろう。ほうれん草や海苔の枚数など、屋号を変えた最初のサービスだろうか、普通のトッピング無しのラーメンからしたら少し多い気がする。もちろんありがたい。
麺は固めとオーダーしたが、相当に固めだ。家系の固めはこんなにも固めだっただろうか。もちろん不味いと感じるほど不味くはない。
スープの塩はメニュー写真にクリーミーと書いてあったがなるほどクリーミーだ。家系での塩ラーメンは塩の味もしっかり付いている。一般のラーメン屋では塩ラーメンを頼むとそれは醤油が明に色が着いてないというだけだったり、塩そのものの味はしないものが少なくないが、しっかりとしょっぱい。体には悪いのだろうがラーメンを頼んでいる時点でそんなこと気にしていない、塩味が素直に旨い。

家系のラーメンのブログになると途端に旨い、おいしいという表現が多くなるがこれは単に私個人の好みだ。他の方がこれを参考に食べに行ったらいやいやこっちの不味いと書いてあった方がうまいなど、そこそこ出てくるだろう。これは私個人の感想を書くブログなので問題はないと思うが悪しからず。


9月下旬に風邪のようなものを引いてから相変わらず体調が悪い。
初日に鼻風邪が来て翌日から咳に変わり、今でも咳が止まらない。いずれは結局止むだろうと経験上思っているが、いずれは止まない風邪が来るのだろう。
thread: ラーメン | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/201-18eb9a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]