FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

丹沢山登山① 

7月28日(土)曇。

20120728_丹沢山地図1
丹沢山に単独山行に出かけた。
先述した「大人の遠足BOOK 日本百名山 山歩きガイド」に従い、百名山の1つ近場の神奈川、丹沢を踏破しておくことにした。




20120728_丹沢山地図2
選んだコースはこれ。
大倉から入山して俗称バカ尾根と呼ばれる大倉尾根を登り塔ノ岳へ。更に丹沢山まで登りピストンで登ったコースを降りてくる。ガイドブックでは丹沢山から更に西に向かい、1泊して西へ西へと下るコースとなっている。土日を使ってそのまま月曜出勤を思うと1泊するのはつらく、無理やり日帰りコースを選んだ。
実はブログを始める前に一回友人と丹沢を登っている。そのとき友人に言われて登山靴だけ買い、その他は日用品で間に合わせて大倉から塔ノ岳、そこから東へ向かってヤビツ峠に降りた。当時は靴以外はジーパン、普段使いの小さなリュックなど登山装備と呼べるものはこの買った靴だけだ。靴は今でも私の当山装備の靴として現役だ。このときが私の登山と呼べるようなものの最初の登山となった。このとき登ったのでもう踏破しているように思えるが、百名山の丹沢山とはこのとき登った塔ノ岳ではなくその先の丹沢山という名前の付いた頂上のようだ。このため、再度登ることにした。これについてはエピソードがあり後述する。


20120728_丹沢山地図3
選んだこのコースはとってもハードだ。まず大倉からの登りはバカ尾根と呼ばれるほどきつく、また登山口がほぼ標高0mのところから1500m級の山頂まで歩いて登る。大倉から塔ノ岳、ピストンでの日帰りは富士山登山の5合目から頂上まで行くよりハードだと幾つかのサイトに出ていた。標高差は1500mの登り下りで合計3000m、距離は片道11Kmで合計22km、コースタイムで10時間を超える。ちょっとキツすぎるかと思ったが今の自分でどこまでやれるか、根性で頑張ってこることにした。

事前に計画した旅程は以下の通り。

04:41発 関内
(京浜東北根岸線)
04:46着 04:54発 横浜
(東海道本線 東京-熱海)
05:51着 06:02発 小田原
(小田急小田原線)
06:19着 06:48発 渋沢
(15分)
07:03着 07:10発 大倉
(1時間30分)
08:40着 9:00発 駒止茶屋
(1時間50分)
10:50着 11:20発 塔ノ岳
(1時間)
12:20着 13:20発 丹沢山
(50分)
14:10着 14:30発 塔ノ岳
(1時間20分)
15:50着 16:10発 駒止茶屋
(1時間)
17:10着 17:35発 大倉
(15分)
17:50着 18:10発 渋沢
(小田急小田原線)
18:36着 18:42発 海老名
(相鉄本線急行)
19:17着 19:25発 横浜
19:30着 関内




20120728_渋沢駅
当日朝、計画通りに渋沢駅に到着。
本当はもっと早く登山口に着いて登りはじめたかったのだが電車、バスの時間があり始バスの時間に合わせた。更に言うと目的は百名山の登頂なのでコースももう少し楽な塩水橋からのルートなどもありそういった楽なコースで行きたかったのだが車でないと登山口まで行けないようだった。私は車を持っておらず、電車+バスでの百名山踏破への道はそろそろ限界かもしれない。




20120728_渋沢駅バス停
バス出発まで時間があったので少し外れてタバコを吸っていると随分と並び始めてきた。慌てて列に並びギリギリバスでは座れたがバス内は立っている人も多くほぼ満員だった。




20120728_大倉バス停
大倉バス停に着いた。登山口のスタート地点でもありちょっとしたステーションのようになっていた。建物の前には机が並べてあり制服の警官と山の関係者だろうか、入山カードの記入を促していた。入山カードを記入しいざ出発。ここまでほぼ計画したスケジュール通り、7:00出発。




20120728_大倉登山道入り口2
本当の登山道入り口まではしばらく舗装された車道を歩く。ポチポチと見かける同じような登山者は高齢の1人、もしくは2人組が多い。




20120728_大倉登山道入り口3
山道に入ると始めはウォーミングアップ程度のなだらかな坂が続く。周りには高い木々が無数に生えている。




20120728_大倉標識
この登山の道中、ところどころにこのような標識がある。どれぐらい来たか、後どれぐらいか目安となってありがたい。また、山行全体を通じて道は分かりやすく道迷いをすることはない。




20120728_見晴茶屋
しばらく歩くと見晴茶屋というのが見えた。まだやっていないようだ。




20120728_大倉ガレ場
途中まで行くと砕巌した石を敷き詰めたガレ場が顔を出す。いよいよ山に来たという感じがする。このあたりではまだ、この先の悪夢を想像していない。




20120728_大倉ベンチ
進むとまた平地の土道、ベンチなどもある。こんな感じでガレ場、平地を繰り返してそのうち山頂だろうか。




20120728_駒止茶屋
駒止茶屋に着いた。8:30着でほぼコースタイム通りだ。
あまり綺麗には見えない小屋の前で小休止する。小屋前はベンチが1個、随分狭いなと思いながら出発すると小屋の上側にもう少し広い広場とベンチがあり、こちらで休んでいる人の方が多かった。8:45出発。




20120728_大倉標識2
だいぶ進んで来た地点。
塔ノ岳はもう少しだろうか。

(続く)
thread: 山登り | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

コメント

ウィークエンドウェザー

矢崎文也

磯山さやか #rMLkhqJM | URL | 2019/01/25 20:48 * edit *

丹沢山

丹沢山

丹沢山 #fUnmc6zQ | URL | 2019/05/22 22:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/168-22d847a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]