FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

読書レビュー - 傍聞き 長岡弘樹著 

3月7日(水)曇り。
私は今、電車通勤をしている。電車の中では文庫本を読んでいるのだが、また1冊読み終わった。


20120305_傍聞き
傍聞き 長岡弘樹著。
本屋で文庫本コーナーをぶらついてこの2012年国内ミステリー部門1位という帯に惹かれて手に取った。
ミステリー物なのでストーリーに関することは極力書かないがそれでも何か漏れてしまうかもしれない。気をつけて感想を書こうと思う。表代の傍聞きを含む短編4作が収められている。文庫本で500円するがページ数は少ない。なるほど、ミステリー部門1位はうなずける。4作とも面白かった。1冊に1作品のようないわゆる小説でなく、短編なので著者のコアな部分が展開されてそこに興味を惹かれるというものではないが、各作品はテンポ良く最後まで読め、かつ読んだ後読んで良かった、面白かったと思えるカラクリがある。人に勧められる作品であると思う。




私は今日、会社を休んでいる。実は昨日から2日続けて休んでいる。
月曜、会社に居るうちから咳が出てそこから恐らく高熱が出た。体温を測らなかったので何℃か分からないが自分の呼気が顔にかかると熱風のように感じたので相当の熱が出たと思う。家に帰る帰り道、寒気が止まらずガタガタ震え、まともに真っ直ぐ歩けないほどだった。
火曜になって熱が収まってない感じがして会社を休んだ。今流行りのインフルエンザにかかっているといけないので近所の病院に行った。事前に部屋で近所の病院を調べる。関内、伊勢佐木長者町周辺で内科を探すと結構ある。横浜摘済会病院というのとふれあい横浜ホスピタルというのが目ぼしい感じがしてふれあい横浜ホスピタルに行った。どちらも歩いて1,2分の距離だ。いつもその前を通っている横浜ホスピタルの方に行ってみようと思った。
病院というと受付から診療まで異常に待たされるという印象があり、9時から開始だったので8時半頃行った。ロビーにはほとんど人が居なかった。受付の女性はぶっきらぼうでまだ開始時間じゃないとでも言わんばかりの応対で自己申告の用紙と体温計を渡された。計ると37.7℃だった。インフルエンザの検査をしてほしいと用紙に書いておいたので、2階の検査用の待合室に連れて行かれた。階段付近の個室でパイプ椅子が数脚とハロゲンヒータがあり、ここで待ってくれとのことだ。こっから待たされるのかなあと持ってきておいた文庫本を読み始めたが比較的早く係りの女性が来た。鼻の穴に長い麺棒を入れて粘膜か何かを取ったのだろう、奥まで入れるので痛いですよと言われたが感触はそうでもなかった。再び結果をそこで待つとしばらくして呼ばれた。時計を見るとまだ9時になっていなかった。結構良心的かもしれない。医師毎に部屋があるところの通路で待ち、その後問診を受けた。パソコンのモニターを医者と私で見ながら、質問に私が答えた内容をパソコンに入力していく。数年病院など来ていなかったが最近はこんな風になっているのだろう。
インフルエンザ検査の結果は陰性であった。ただしインフルエンザは1日の潜伏期間があり、1日経って発症する場合があるから気をつけるようにとのことだ。風邪薬系の処方箋を書いてもらい、1階の会計に行った。1階の受付では受付の女性がかなり高齢のお婆さんといざこざやっていた。耳が遠いのを考慮してだろう大きい声でここにこれを書いて、ここはこれじゃダメとキツイ口調でやりとりが周りからも多少目立っていた。
思うに病院の受付といえども人の命に関わる仕事の一因、真剣にやれば口調もキツくもなるだろう。彼女の受付時のぶっきらぼうでちょっとカチンと来るような態度も責められないだろう。街の飲食店やコンビニなどとは業種が違うのだ。そのやりとりを見ていてそう思った。

一日中ほとんど寝ていたので夜は2,3時間寝ては起きてしまい、また寝てというのを繰り返した。その中の1回で、起きたら異様に寒気がして体中の筋肉が凝縮するようにガタガタ震えどうしようもなかった。寝てしまってごまかしたかったがどうしても眠れない。気づくと喉がカラカラだった。病院で処方された薬の副作用だろうか、喉はカラカラになっており熱で朦朧としていたので気づいてなかった。寒いので水を飲むのは気が進まなかったが水を飲むと喉から体中に水が吸い込まれていく感じがして急に楽になった。寒気は取れ、次第に汗ばむほどになった。私は医学的知識などほとんどないが、体が寒気を感じて暖めるには、水分が足りてない場合にはまずは水分補給だと知った。私にとって、役に立つ知識だろう。
翌朝、今日水曜に目覚めたがやはり熱が下がらず体全体に力が入らない。部屋は鼻をかんだティッシュで散らかり体は数日風呂に入れていない汗の固まりのような湿気でねっちゃりしている。すぐに諦め会社に今日も休ませてほしいと連絡を入れた次第だ。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/118-b2e34248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]