FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

綱島 - 綱島乃風 

2月29日(木)晴れ。
雪が降った翌日の晴れ、暖かい日だった。

20120301_綱島の風場所
横浜東横線、綱島駅からすぐのラーメン屋、綱島乃風に行った。
私は今この綱島に客先常駐で仕事をしていて昼飯はだいたいそこの仕事場の人と食べている。そのときの話で綱島のラーメン屋の話になった。綱島にもラーメン屋は多い。隣の日吉には慶応大学があり学生街だけあってラーメン屋が多いそうでその影響ではないかと言う。金太郎というラーメン屋がありその店が昨日で閉店で昨日はずいぶん混んでいたという話からこの話題になった。私がラーメンなど好きだ、閉店日なら行きたかったと言ったらたいそうラーメン屋を紹介された。




20120301_綱島の風正面
帰り道、午後7時ぐらいに着いた。
相変わらず綱島駅の駅前はゴミゴミしている。道路が狭く大型のバスやトラック、タクシーがどんどん入ってくる。歩道が無いのでバスやトラックをぬって歩くが皆ひやひやしてないのだろうか。
店はカウンター席のみで8席程度か、注文は食券制だ。客は私のような会社帰りのサラリーマンだろう2,3人、店員は頑固そうな親父1人だ。もちろん応対の言葉は丁寧で風貌は頑固者、応対は丁寧というラーメン屋の親父として最もいいパターンだ。




20120301_綱島の風メニュー
醤油豚骨¥650を注文した。




20120301_綱島の風とんこつラーメン

20120301_綱島の風麺
豚骨ラーメンが来た。
まず驚いたのは博多ラーメンのような白濁スープに極細麺だ。他に醤油や味噌のメニューもあり、豚骨も醤油豚骨となっているのでてっきり家系ラーメンのようなものを想像していた。たいてい醤油や味噌、塩もやっているラーメン屋の醤油豚骨は豚の脂的な意味でとんこつと名乗っていて博多ラーメンのようなものは見かけない。
具材はチャーシュー1枚、キクラゲ、ねぎ、煮卵半個、海苔1枚。麺は博多ラーメンによくある極細でボソボソとした麺。スープはクリーミーというのだろうか、かなりまろやかで山頭火の塩ラーメンのスープを思い出す味だった。スープがかなり少なく、そのせいか麺も少ないようにも感じた。味はおいしいと言えばおいしいがかなり女性向きと感じた。ギラっとしたラーメンを食べるぞ、という気分で訪れた人にはラーメンとしては物足りないだろう。
帰って少し食べログなどでこの店のレビューを見てみた。他の人の写真では同じとんこつラーメンでももう少しスープの量が多く色も私が食べたものほど白濁していないものもある。ベースとするスープが残り少なかったのだろうか。
この店に特徴的なのが他の人のレビューにもテーブルと椅子の高さが合っていないという書き込みが多かった。椅子が高すぎるのだ。前述した昼の話でもこの店の椅子が高すぎてラーメンどころでなかったとネタにしていた。実際どんなもんかという思いもあってここに来たのだが確かに高い。昼話していたときはさすがに高さは調節できるでしょうという話も出たが椅子は4脚のパイプ椅子のような形で調節できる雰囲気ではなかった。競輪の自転車に乗っているような形で食べるとき腹がくの字に折れ曲がり、確かにこの椅子は無いだろう。味はおいしいだけに椅子が残念だ。椅子のことばかり印象に残ってしまう。

thread: ラーメン | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gri.blog42.fc2.com/tb.php/115-377149bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ブログランキング]