FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

雑記 令和1年の5月に思うこと 

2019年5月10日(金)晴れ

日本の元号は5月1日に令和(れいわ)になった。
祝福、ウェルカムムードの中、ネットニュースを見ていると、商業的な祝賀一辺倒だけの捉え方でなく、天皇制とは何か、どうあるべきかについて日本人が少しでも個々人で考える機会とすべきだと当日のNHK報道は報じていたのが良かったと取り上げている記事があった。確かに、私のような政治や天皇制絡みについて直接関わる機会が薄い恐らく同じような多くの日本人にとって、日本の仕組みとして未だある天皇制とは、ただ悪く言うと悪者になる物、自分の意見なんてわざわざ述べないのが一番無難な対応だろう、という印象を持つの物だろうと思う。
そうでない、日本人の一部であろう商業的であったり利害関係が絡む人達の先導に基づき、そのようになっているのだとしたら残念なことだと思う。日本人として生きる上で本当に重要なことであるなら、正しくそういう教育や周知をして大多数が腫物に触るような扱いから脱却させるべきだと思う。元号の話から天皇制の話に移すのは飛躍があるのかも知れない。しかし、天皇性絡みの話について私のようなサラリーマンが生活で耳にするのは、待ちの街宣車でのあの怒声ぐらいだ。

20190511075518.jpg

最近は横浜にある会社に勤務しており、昼飯は専らバーミヤンだ。
東京BM級グルメフェス グルメ鉄道中華の旅編というメニューをやっていた。




20190511075517.jpg

鶏パイコー汁なし担担麺 単品749円。
この商品を気に入って何度か食べた。鶏のから揚げが美味しく、担担麺の味は元々好きなので私の好みの料理だ。
ちなみに、スパイシーチップのサクサク唐揚げという商品も食べたことがあるが、こちらは駄目だった。チップというのが食材に詳しくないので分からず米を焼いたやつか何かかと思ったが、小麦粉を焼いたようなほとんど腹の足しにならず、ただ唐揚げだけ食べたようになった。この商品を食べるなら、ご飯か何かを別に注文しないと昼食としては足りないだろう。


電車の待ち時間やタバコを吸うときなど、スマートフォンでネットのニュース記事を見ている。最近は日韓関係が悪い状態にあることに関する記事が多い。私は政治にも疎くこの話題にも根深い理解に基づいた意見を持てずに眺めているような感じなのだが、一体どうなのだろうか。日本に住んで、日本人としてこういうニュースを見ると、韓国政府は酷いことするなあ、言うなあと思わせる記事が多いが、韓国政府が韓国国民の意見を誘導するように、日本でよく見かける記事を見ている日本人である私も同じようなことになっているのかどうなのか、分からずいろいろと悩ましい。
この手の話を頭に浮かべるとき、いつも私には会社内や仕事の付き合いで知り合うことが出来たお名前からして韓国や朝鮮に何らか所縁があるだろうと思う人達が頭に浮かぶ。彼らと所謂ネットニュースで取り上げられるような話題を会話するなど勿論ないが、どんな気持ちや悩んでいないかと思うと心が痛む。私の知り合った、私の知りうる限りの範囲でしか想像を膨らませることは出来ないが、彼らは総じて気が良く人が良く、会話して仕事で接して楽しく真面目な人達であった。
私は韓国という国について持つイメージは、「熱い血潮」を持った国民だろうと勝手にイメージを持っている。韓国からの映画や文学、スポーツだけから私の韓国の知識は出来ているため、相当の偏見なのであろうが、韓国というと友情、人情、愛情に熱い国民性というイメージがある。映画にて、友情に涙する顔の表情などは他のどの地域、民族の方の顔より韓国の方の顔が最も当てはまりが良いと感じる。
国民の意識に反日を教育で植え付け、政策で反日路線を取ることで国民から政党の支持を集める戦略は、国民にサッカーを好きにさせ、サッカーを盛り上げる政策を取ることで政党の地盤を固めるやり方であるため、しっかり見極める力をつけるべきという記事を見かけて、その記事は私にしっくり来た。韓国は、熱き血潮の国、という強みを全面に出して世界に出れば、世界有数の注目すべき国になると思う。

スポンサーサイト



[ブログランキング]