FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

群馬県 嵩山(たけやま)登山 

3月15日(土)晴れ。

20150317094238.jpg
群馬県 霊山・嵩山(たけやま)という山に、ロープワーク?の練習に行ってきた。
山としては山頂789mの小さな山、健脚の方なら1時間もあれば登って降りて来られるだろう。山頂付近に少し長めの岩場があり、自己確保のロープワークを初めてやってみる人に丁度いいようだ。
例によってクラブツーリズムのバスツアーで参加。日帰りで横浜西口発着のバス、ガイドさんと登山講師の2名が同行で1万3000円。ツアーなので個人の自由度はないが、コストパフォーマンスは最高だろう。
7:30 横浜駅西口の集合場所よりバスで出発。小さなバスで22名ぐらいか、せまい座席いっぱいに詰め込まれる。




20150315091732.jpg
9:15 高坂インターでトイレ休憩。
バスの中でスリングの結び方、カラビナの使い方を学ぶ。スリングは120cmのものを2本使い、1本を自分の体に固定し、一本はU字型にして両端にカラビナを付ける。この2つのカラビナから自分につなぐロープで、1つのカラビナを掛け替えている間ももう1つは安全が確保されたロープか鎖につながっているので万一の場合も崖から落ちないという仕組み。山登りをしこのあたりを知っている人には当然の知識なのだろうが、私のように教わる人が居ないが山に行きたい者にとっては、とても勉強になるものだった。
今回のツアーではこのカラビナやスリングを貸してくれたが、更に次のステップのツアーからは道具は自前で用意してくださいとのこと。買っておかなければならない。



20150315110234.jpg
11:00 登山口 道の駅たけやまに到着。
トイレをすませ準備運動をする。この日は暖かく、スタートは上着を脱ぐが上では風があり寒いとのことで上着はザックに入れていく。




20150315111806.jpg
登山口から大きな岩が見えるが登るのはこの岩ではない。




20150315113730.jpg
少し登ったところ。
登山道はよく整備され、歩きやすい。




20150315113806.jpg
一応登山の雰囲気も味わえるよう、真っ直ぐ山頂に向かわずところどころにあるこの山の名所に寄り道をしていく。
ここは小天狗という頂に分岐する地点にあるあずまや。




20150315115626.jpg
天気がよく、遠くには南アルプスだろうか、雪をかぶった山脈が見える。




20150315115708.jpg
手前にはのどかな牧草地のようなところが見える。




20150315115738.jpg
標高はそれほど高くなくとも、景色はとてもよかった。




20150315121946.jpg
ここは御城の平というところ。
立て看板を見ると、昔ここの城主が攻められて自決する際、城に残った皆が合わせて自決したとのこと。その人たちの分が後から地蔵としてここに置かれたそうだ。




20150315124624.jpg
12:30 山頂に向かう分岐のところに広場があり、昼食休憩。
昼食後、いよいよロープワークを学ぶ。まずは1つのスリングを肩からたすき掛けにして両脇に通し、肩、左脇下、右脇下の3点からロープが出るようにして胸の前で結び目を作る。この結び目を手で上下左右に引っ張り、結び目が動くようであれば結び方が間違っている。
この結び目に2本目のスリングを通しU字型にする。Uの先端にそれぞれカラビナを掛ける。写真に撮っておこうと思ったがうまく撮れていなかった。




20150315131422.jpg
事前に講師の方が登り用のロープを岩にかけてくれており、それを使って自己確保しながら登っていく。登りロープは15mぐらいで地面に刺さっているハーケンにつながれており、そこで次のロープにカラビナを掛け替える。一本づつ掛け替えることでどちらか1本は必ずつながっている状態を作る。
また、1つのロープには1人しか繋いではいけない。自分が次のロープにつなぎ替え終わったら、下の人に「オッケーですー」と言って自分が渡っていたロープに掛け替えてよいことを伝える。私も含めツアー客は皆初めてだからぎこちない。ある人は両方のカラビナを掛け替えの際に外してしまいそれではダメと注意を受け、ある人はつなぎ目で掛け替えを忘れて自分の確保用ロープに引っかかったりしていたりしていた。もちろん、こうやって覚えていくものだろう、都心のサラリーマン暮らしでは普段こんな練習はできないのでとても勉強になり、面白かった。




20150315133514.jpg
登れないというほど急でなく、かといってとても物足りないというほどなだらかでもない岩場で、本当に練習にうってつけの岩だった。100mぐらいだろうか、岩場での練習が過ぎると山頂に着いた。




20150315133828.jpg
13:30 山頂着。山頂は狭く、皆がそこに留まれないため、円を描くように登った人はひとしきり景色を楽しんだ後降りていく。
北側を見るととても景色がよい。
そして手前側には、先述の通り牧草地帯のようなものが見える。




20150315133842.jpg




20150315141854.jpg
下りもロープワークの練習となる。
山頂付近の岩場が終わると、後は登山道を降りていくだけである。



20150315145924.jpg
体感的には下山は30分程度だったように思う。
途中、岩登りをやる人には登りたくなるような岩壁が幾つかあった。どこも、岩登り禁止との看板が出ていた。




20150315152612.jpg
15:00 無事に登山口まで下山。
山登りに来ると記念にバッチを買っているのだが、さすがに低山だからか、売っていなかった。




20150315203916.jpg
バスに乗り、帰路に着く。
途中ある程度の渋滞があったが、我慢できないような渋滞ではなかった。2回サービスエリアでのトイレ休憩を挟む。
20:00 横浜西口着、解散。
20:30 自宅着。
パンフレットにヘルメットも持つように書いてあり持って行ったが、今回は使わなかった。このようにザックの外側に付けるのは基本NG、ザックの中に入れられるように大きめのザックを使うようにとのことだった。
いろいろ勉強になり、とても楽しい山行だった。

スポンサーサイト



[ブログランキング]