FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

中華街 - 長城飯店 

9月30日(金)晴れ。
今日は都合によりネクタイにスーツで出た。暑くてたまらない。
まして私は重しの入った靴を履いている。ソールに鉛のつぶが入った4,5年前流行ったか流行らなかったかわからないが通販で買った靴だ。いまだに履いているがかかとの辺りからプラスチックのようなものが飛び出しては割れて取れている。この靴のおかげで数分歩くだけで息が切れるのだがこんな日はこれでさらに汗が増す。


20110930_長城飯店正面
昼食に中華街、関帝廟と中山路から通り向かいに長城飯店へ。この路地に入りランチメニューを見て回ろうとしたらすぐに店員に声をかけられたので入った。私はたいがいに声をかけられたら断らない。



20110930_長城飯店メニュー
ランチメニューの坦々麺と半チャーハン¥680を注文した。表に出ているメニューにはないが中で出されたメニュー表にはあった。
中華街でのランチメニューは店に入るとだいたい2,3枚は手書きのメニュー表が出てくる。一般的な日本の店ではメニューはこれと決まっているがここではその辺はあまりこだわらないのだろう。
店内はテーブル席が7,8席か、2列に席が並んで寮の食堂を思わせる。4人席で一人男性が座っているところの相席となったが灰皿があったのでタバコを吸った。



20110930_長城飯店チャーハン
20110930_長城飯店坦々麺
半チャーハン、坦々麺、食後に杏仁豆腐が来た。
先にチャーハンが来たのでチャーハンを食べた。キャベツ、チャーシュー、玉ねぎが細かく刻んでほんの少し入っている。無難な味で特徴はない。一般的な日本の店のチャーハンよりほんの少しうまいぐらいか。ただ、半チャーハンという割には一品分の量があり量は満足だ。
坦々麺のスープは濃厚なコクのある、少し粉系を連想させるタイプだ。辛さには唐辛子系の水っぽいものと2種類あると思っているがこちらの粉っぽい辛さは嫌いじゃない。具は挽肉とホウレン草だろうか、ホウレン草の味までは辛さでわからないが見た目と食感はホウレン草の感じだ。麺はかなり細く固め。熊本の桂花ラーメンが新宿にあり、新宿に住んでいたときよく食べたのだが桂花ラーメンの麺に似ている。小麦粉かかんすいかわからないがかなり粉を練りこんである感じでこしがあり噛み切った後口の中で食べ応えがある。私は安っぽい透明に近いビニールのような麺も好きだがこちらも好きだ。杏仁豆腐は残した。
☆☆☆☆(星4つ)だろう。坦々麺とチャーハンという私の好きな料理を注文したところもあるだろう。他の料理を注文したら評価はまた分からない。

レジで会計した際、景品でたくさん当たった、あげると言われ小菓子を渡された。メニューを撮った画像に写っているSOYJOYというカロリーメイト系の菓子だ。小分けにする箱に15個ぐらい入るだろうか、その箱から取り出していた。ありがたかった。客にこびたおまけをもらえたから嬉しいわけではない。たくさんもらったから来た客に配ろうという単純な快活さで渡されたことはそのときの態度からわかり、じめっとした思考の私にはこういうのが特にありがたいと思えるのだ。
スポンサーサイト



thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

[ブログランキング]