FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

中華街 ― 京城飯店 

9月29日(木)晴れ。

20110929_京城飯店場所
中華街のメイン通りから中頃辺りで路地に折れ、京城飯店という店に入った。
ところで、中華街のレポートを書き始めてから路地だ路地だと書いているがこれではわからないだろう。調べると各路地には名前がある。メインの通りは東西に走る中華街大通り、これを横切る南北に走る細い路地が関内側から中山路、香港路、市場通りと3本ある。今回折れた通りは香港路だった。

20110929_京城飯店正面
20110929_京城飯店メニュー
入るとテーブル席が4席程度、2階があるようだ。
2人席の入り口側の角に案内されランチの2番、牛肉の野菜炒め¥600を注文した。

20110929_京城飯店牛肉炒め
牛肉の炒め物、スープ、ザーサイ、ご飯が来た。他に食べている途中でしゅうまい1個と杏仁豆腐がテーブルに追加された。
炒め物だが、牛肉、青梗菜、人参が甘辛いタレに絡めてある。他にスライスしたマッシュルームとシナチクがかタケノコだかが入っていた。最後に書いたこの食材の名前がいつも浮かばない。タケノコで合っているのだろうか、何か違う気もする。中華料理の炒め物でたびたび目にするのだが名前が出てこない。味は普通、食品店にある焼き肉のタレのようなものを使っても作れそうな味、牛肉の焼き方も特徴は無くやや柔らかめだ。
スープはいつもの卵、ワカメのとろみ系の卵スープ、小さめの茶碗。
ザーサイはある程度枚数がありお茶濁しの数枚ではなかった。
途中で出てきたしゅうまいは1個で小さく、炒め物をかっこんでいる最中に出てきたのでそのまま一口で食べてしまった。あまり特徴は無かったと思う。
☆☆(星2つ)か☆☆☆(星3つ)だろうか。
特筆するところは無かったが中華街にランチとして食べて外れを引いた感想はない。

タバコが吸えたので注文後にタバコを吸っていると来店したおばさんがチラと見て禁煙席は無いかと店員に聞いていた。いままで無かったがこういう場面があってもおかしくない。店員は2階席を見に行きこちらどうぞと誘っていた。禁煙席などないが2階には今誰も吸ってる人がいないということだろう。一人で店に入ったり待ちを歩くときはこういったことは一切気にならない。言っていたおばさんも私になるべく聞こえないようにと気を使っているように見えた。
入口側の席で途中ハエが一匹飛んでいた。料理に止まりはしないかと気になったが途中でどこかに居なくなった。見れば店のドアは開けっぱなしだ。そう思うと店内はかなり雑然としており私の席の壁側はカーディガンのような布切れが足元に落ちており客の忘れものかこのように置いてあるものなのか判断が付かない。
食べ終わる終盤、隣のテーブル席に夫婦だろうか2人組みの初老の方が席に着いた。店員がレジのところからビニールのおしぼり持ってきて出していた。私も他の客もおしぼりなど無い。
私はタバコが吸える場合、食後も一服してから帰るのだがその客の席と席がかなり近かったので吸わずに席を立ち会計した。帰り道、私も同じようなものだと思う。
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

[ブログランキング]