FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

多摩川沿いの広場 

2019年4月7日(日)晴れ

20190407100530.jpg

川崎市の鹿島田側から多摩川沿いを散歩してきた。
休みの日などにこの辺りでジョギングでもしたいと思い、下調べのようなつもりでどんな所か眺めながら歩いた。




20190407100842.jpg

鹿島田駅あたりから歩くと、古市場小学校というところで多摩川沿いの広場にぶつかる。歩いて10分ぐらいであろうか。




20190407100914.jpg

まずは川沿いに芝の緑が目に入り、慣らされた砂利道の歩道が色々と作られているのが目に入る。サッカーの試合が出来るぐらいのスペースが幾つもあり、この日は沢山の少年サッカーの試合が行われていた。子供たちやその親だろう、沢山の人が居た。




20190407101040.jpg

外側の少し堀の上のようになった所の道を歩き、神奈川県側から時計回りに東京都側への橋を渡り、また神奈川県側に戻ってくる道を歩いてみた。




20190407102342.jpg

しばらく歩いて、ガス橋という橋で東京側に渡る。




20190407102548.jpg

この辺りの多摩川沿いの東京都側には、大きなマンションのような立派なビルが沢山見える。団塊世代である程度の財産が出来た人達が、マンションの一室を買って暮らしているのだろう。暮らすにはよい場所だろうと思う。




20190407102802.jpg

神奈川側はサッカー場と野球場があり子供たちが主役の運動場となっていたが、東京側はテニスコートがまず目に入り、大人向けの運動場のように感じた。川崎は小さな子供と若い親、東京大田区はある程度大きくなった子供と親の場所、というイメージだろうか。東京側は特に犬を連れて散歩している人も多かったと感じた。




20190407104214.jpg

20190407104326.jpg

途中、川に出る所まで行けるところがあったので川近くに降りていくと、鴨が泳いでいるのが見えた。




20190407105710.jpg

多摩川大橋という橋を渡って神奈川県側に戻った。




20190407110006.jpg

川崎側のこの辺りは、小さなゴルフコースが幾つもあり、沢山の人がゴルフをしていた。
先ほど、神奈川側は子供向け、東京側は大人向けのようなイメージを持ったが、勘違いだろう。ここ神奈川側でも、多くの大人がゴルフをしていた。思えば今日渡った橋を渡れば、神奈川側や東京側どちらに住んでいようと、すぐにどちら側にも行けるので住んでいる場所云々に関わらず、皆おのおのの目的の場所に行っているだろう。




20190407111352.jpg

しばらく歩いて、スタートした地点の古市場小学校の所に戻ってきた。2つの橋を使って1週回るのに、歩いて1時間半弱ぐらいだっただろう。休みの日だったからだろうが、思った以上に多くの人がいた。特に、しっかりとしたジョギング用の服装に身を固めてジョギングしている人が多かった。しかし、歩道の端を歩いていて歩くのに目障りになるほどではなく、人が多いから来るのは止めようかという程ではない。
休みの日や眠れない夜は、ここに走りに来ようかと思う。
スポンサーサイト



thread: お出かけ日記 | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

葉山友人宅でのバーベキュー 

2018年5月5日(土) 晴れ

20180506054751_1.jpg

神奈川県葉山町 友人宅の庭でのバーベキューがあり、行ってきた。





20180506054751_2.jpg

幾つか写真を撮ったが、人が映っていない写真はこれだけだった。やはり年1回会うか合わないかの友人が集まると、写真を撮るときに対象を人としているようだ。海産物を焼いている写真しか無いが、勿論肉も焼いた。ゴールデンウィークにバーベキューで高校時代の友人達と集まるのは、これを企画してくれている友人が結婚してからだろうか。もう10年以上毎年やっている気がする。高校時代の仲の良かった友人5,6人が集まるのだが、都合で来られないことはあってもそれから居なくなってしまう友人は居ない。私の友人はこの歳になっても健康で多くが同年代と比べて若々しいと感じる。結婚し子供の居る者は丁度いいイベントなのだろう家族全員で来るので小さな子供がはしゃぎ回り、この機会であまり友人と心ゆくまでの話は出来ない。バーベキューは、やはり子供が主役のパーティーだ。




20180506054751_3.jpg

葉山という土地について、私は隣の神奈川県逗子市で幼少期や学生時代を過ごした。横須賀市の横須賀中央、聖ヨゼフ病院で生まれ、生まれて間もなく逗子市のいわゆる社宅の団地に住んだ。しばらくして両親が同じ逗子市の別の場所に一軒家を買い、そこで長く学生時代を過ごした。逗子市という場所は、子供時代を過ごすのにとても良い環境だと今思う。会社で働くようになってからは、地方から出てきて自分のホームグラウンドのような田舎がある人や、山登りを趣味にしてから山深い所で育ったという人に、いいなあ、と思うこともあったが、海が近く、かと言って鎌倉や藤沢のようにメディアにもてはやされることも無かった逗子は、過ごしやすくいい街だったと思う。



2015年9月15日横須賀芸術劇場 浜田省吾ON THE ROAD 2015 “Journey of a Songwriter” 

2015年9月15日(火)晴れ。

20150924081106.jpg
浜田省吾、8年ぶりのホールツアー「ON THE ROAD 2015 “Journey of a Songwriter”」開幕2日目の横須賀芸術劇場に行ってきた。

曲目リスト

1.永遠のワルツ(インストゥルメンタル)
2.光の糸
3.旅するソングライター
4.マグノリアの小径
5.美しい一夜
6.サンシャイン・クリスマスソング
7.瓶につめたラブレター
8.五月の絵画
9.ハッピー・バースデイソング
10.夢のつづき
11.夜はこれから
12.恋する気分
13.きっと明日
14.アジアの風 青空 祈り part-1 風
15.アジアの風 青空 祈り part-2 青空
16.アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
17.誓い

18.光と影の季節
19.二人の絆
20.恋は魔法さ
21.君の名を呼ぶ
22.ON THE ROAD
23.J.BOY

アンコール

24.二人の夏
25.演奏旅行
26.永遠のワルツ
27.家路

2か月前ぐらいか、友人に誘われ浜田省吾氏の公式サイトON THE ROADで会員登録し、チケット申込み。仕組みは2名ペアで希望日に応募し抽選。私とペアになって申し込んでくれた友人が一発で当選してくれた。もう2人、友人がペアで申し込んだのだがそちらは外れ、以降追加申し込みが発表されるたびに応募したようだが結局チケットは得られなかった。チケットは9,500円。入金の手続きをするとサイトのマイページにQRコードが表示されるようになり、当日はこれと身分証を提示して受付で本人確認がされるとようやく入場できる。随分と厳重なシステムだ。私たちのような4人組など2名以上で行きたい人も多いだろう、この2名ペアで当落があるというのは仲間内で行ける人、行けない人がでるので少し悲しい。
当日、私は会社を早退し少し早めに横須賀に入った。コンビニで缶ビールを1本煽り友人と合流する。
入場すると紙のチケットを渡され、初めて座席が分かる。5階5CD列19番。残念ながら座席は最後列、しかし左右でいうと中央のど真ん中だ。

18:30 開演。
第1部で新アルバム「Journey of a Songwriter」の曲をやりきり、第2部でツアーでお馴染みの昔の曲をやるという曲目リストだ。座席からの眺めは最後列で心配したが全く問題なかった。さすがは芸術劇場、最後列といえども省吾がとても大きく見える。また前後の座席の縦の段差が大きいので前の人の頭が邪魔するということも無い。ここ横須賀芸術劇場は2,000人ちょっとしか入れない。やはり数万人入るアリーナとは座席に関しては比べ物にならない。
曲間ではこれもツアーでは人気がある同級生の町支寛二が「僕もうおじいちゃんだから」を繰り返しており、「じゃあ同い年のおれはどうしたらいいんだよ!」とトークも面白かった。他に二人の夏の前には愛奴としてデビュー当時の曲も売れない、お金も無かったという苦労談を披露した。
音の良い悪いに関して私はほとんど無知と言ってよいが、音があまり良くなかったように感じだ。特に曲のスタートからコーラスのように始まる曲では省吾の低音ボイスがくぐもって何と歌っているのか聞き取れないレベルだった。芸術劇場という仕組みも影響していたのかも知れない。これが、良い音、というものなのかも知れないが、私にはもう少しクリアに聞きやすい音の方が好きだ。
照明効果は素晴らしかったと思う。光と影の季節では、会場全体が大地のように表現され、大地に省吾がただ一人立って歌っているように見えた。
ツアーでお馴染みだと思っていた年代別に手を挙げて、というのは今回は無かった。ホールツアーではやらないのか、もうこの企画はやらないのかは分からない。


20150915235051.jpg

20150915_Tシャツ
販売コーナーで友人とTシャツを買った。省吾が二人肩を組んでいる。写真の上の方には勝利への道の英訳の歌詞が書かれている。友人同士の集まりがあれば二人でこれを着て行こうと企み、いい買い物をしたと思う。

thread: LIVE、イベント | janre: 音楽 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横須賀フレンドシップデー 

8月1日(土)晴れ。

20150801115238.jpg
横須賀の米軍基地で行われたフレンドシップデーに行ってきた。
京浜急行の横須賀中央駅、汐入駅、JRの横須賀駅などから近い三笠公園から米軍基地に入る。私は京急で横須賀中央へ出て三笠公園に着いた。




20150801122048.jpg
入り口は沢山の入場者を予想してカラーコーンで行列を仕切る通路が作られているが、12時開始直後に着いたので行列はなくすぐに入れた。午後3時4時には大行列ができるという。入り口では手荷物検査がある。運転免許証では駄目でパスポートが要るとのことで持ってきたが、身分証を出す機会は無かった。
横須賀の米軍基地は奥に広いのだが、地図を見るとこの催しは入り口側の大通りのみで開催されるようだ。




20150801122144.jpg

20150801123022.jpg
マクドナルドもアメリカサイズだろうと思い、すぐに目に入ったマクドナルドに入る。日本のマクドナルドでも大型のハンバーガーが売られているが、それとまったく変わらなかった。




20150801124828.jpg

20150801125554.jpg
露店を見て回りビールを買う。厚切りのステーキを売っている店の裏では次々とステーキを焼いていた。
基地内の軍服の人は勿論アメリカ人だが、飲食店の従業員は日本人の方が多かった。




20150801131800.jpg
この日はとにかく暑く、日陰を求めて彷徨った。
夜には花火大会があるとのことだったが、午後2時前には会場を後にして帰路に着いた。
帰りに、伊勢佐木長者町の行きつけの床屋、みのるで伸び放題になっていた髪を切った。



真島昌利 オーロラの夜

今夜 川のそばで会おうよ
街のざわめき 遠く離れて
涼しい 風が吹いているし
夏の 匂いもしているよ

うなる 長距離トラックには
若い顔したポールニューマン
サルバドール・ダリの 絵みたいに
夜が パラシュートを開く

今夜 川のそばで会おうよ
痛みを隠す 嘘ついたのは
まるで 十年も前のよう
時は 透き通る水だ

片道 切符を手に入れたら
君をさらって 二度と戻らない
朝露 みたいな汽車に乗って
明日と 言う名のお茶を飲む

潤んでたのは 虹色の瞳
七色の 涙がこぼれ落ちる
オーロラのように
オーロラのように
消えてしまう前に
thread: 今日のつぶやき | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜橋通り商店街 - 酉の市 

11月3日(日)曇り

DSC09743.jpg
横浜市南区、横浜橋通り商店街で今年も酉の市が行われた。
午後5時半、出かけてみた。




DSC09744.jpg
とても活気があった。場所は伊勢佐木長者町駅から南側に歩いて5分程度、ここは吉野町になるのだろうか商店街がある付近で車道は通行止めにして露店を並べて酉の市をやっていた。




DSC09745.jpg
酉の市とは写真のように露店で熊手を売っている。他にお祭りの露店のようにたくさんの食べ物の露店が並んでいて昔ながらのお祭りのような雰囲気だ。




DSC09768.jpg
道は集まった人々で賑わいとても活気がある。ここの酉の市は11月の酉の日、今年は3日とあと2日がカレンダーで酉の日にあたる日に行われるとのこと。熊手は幾らぐらいするのか見なかったが、若いご夫婦が買っていて皆で祝っている現場を見た。結婚したかお子さんでも産まれたのだろうか、大きな物を買ったようで周囲に祝福されていた。




DSC09746.jpg
食べ物の露店も沢山出ていた。これは水飴。昔懐かしく写真を撮りまくってしまった。おっさん一人で出かけて買うのも気恥ずかしく何も買わなかったが、周りの人は缶ビール片手に歩き、露店で買ったものを食べている人、たくさん居た。カップル、家族連れ、外国の方などたくさんの人だった。




DSC09748.jpg
銀杏。もっと銀杏らしいいい写真を撮れば良かった。




DSC09749.jpg
焼きそば。




DSC09750.jpg
肉の串焼き。




DSC09751.jpg

DSC09752.jpg
焼きじゃがいも。




DSC09753.jpg

DSC09754.jpg
広島風お好み焼き。




DSC09755.jpg

DSC09757.jpg
チョコバナナ。




DSC09756.jpg

DSC09758.jpg
焼き鳥。




DSC09759.jpg
きゅうりなんてのもあった。盲点だ。これだけギラギラした食べ物が並べばきゅうりを買う人もいるだろう。




DSC09761.jpg

DSC09762.jpg
イカ焼き。




DSC09763.jpg
イワナの塩焼き。600円だったと思う。これは買っても良かったと買わなかったことを後悔する。




DSC09764.jpg
チキン。




DSC09766.jpg

DSC09765.jpg
焼き鳥屋の屋台の奥には食事処だろうたくさんの人が机を前に食べていた。所々に食べる机と椅子も見られた。ワイワイと仲間と食べている人達。人生の最高の一コマだろう。




DSC09767.jpg
タイ焼き。




DSC09770.jpg
佐世保バーガーと書かれた露店もあった。
今月に後2回、横浜橋通商店街でこの酉の市が開かれるそうだ。ご家族、恋人、ご夫婦、友達と行ける方、ぜひお勧めです。きっと楽しいと思う。
コンビニでざるそばを買って帰った。


thread: 今日のつぶやき | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

[ブログランキング]