FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

雑記 資産形成の話 

2020年2月8日(土)晴れ

20200208_ポートフォリオ

サラリーマンであれば誰もが給与の何割かは何かの投資に回していると思うが私もご多分に漏れず、これまで給与所得の毎月半分以上を目標にして株券や投資信託に入れてきた。
上の表は現在の私の資産形成のポートフォリオの概要である。他に何かがあった際の保険としての現金(日本円)と昔取り組んだ残骸の日本株があるが、全体からみると微々たるものなので絵からは外してある。
投信や個別株・ETF購入手数料の無料化、低額化がここにきて一気に進んだため、購入していた投信を昨年末から上の形に大きく入れ替えた。

iFreeレバレッジ NASDAQ100(緑)というものの割合が大きいが、これはGAFA(Google, Amazon, Facebook, Apple)などを筆頭とした主にIT系のここのところ調子のいい企業100社の総合的な指標に追随するレバレッジを2倍にかけた商品である。
eMAXIS SLIM S&P500(黄)が少しあるが、これは私が去年主力としていた商品だ。米国の時価総額の高い500社を対象とした指標に追随する商品だ。緑の購入手数料が無料になったことからこの黄色の割合を(黄色は元々無料)徐々に緑にシフトしていったがまだ残っている。緑のやつはリスクが高いので様子を見ながら徐々にシフトしているのだが、このぶんだとすぐに黄色は無くなりすべて緑になりそうだ。
SBI 日本株4.3倍ブル(赤)というのは、日経平均を追随する指標としてレバレッジを4,3倍かけた商品である。今年5月ぐらいまではもう少し日経平均が上がると淡い期待を抱いており、サテライト的に持っている。サテライトと言ってもレバレッジ4.3倍ともなるとこの商品だけで1日に評価額が100万円以上動いてしまったりするので、短期で動かすつもりはないが日々の日本市場の動向に一喜一憂し、日本の経済が今どうなっているかを毎日気にするための良い刺激剤になっている。
グローバル3倍3分法(青)というのは、昨年の投信の話題で非常に注目された商品である。様々な地域や資産種類を組み入れたバランス型はあまり評判がよくないが、先物などを駆使して細かいバランス設計により一般的な1種資産のパッシブ型より結果を出したことで注目を集めた。昨年好成績だったのは構成に組入れられていたリートが活躍しただけ、とも言われており今後は果たして、である。

・金持ち父さん貧乏父さん ロバート・キヨサキ
・金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドラント ロバート・キヨサキ
・敗者のゲーム チャールズ・エリス
・ウォール街のランダムウォーカー バートン・マルキール
これらは昔、自分の資産形成を始めだした頃に読んだ主な本。私はサラリーマンとしての才能が皆無に等しいので金持ち父さん系の本に出合えたことはとても良かった。今でもサラリーマンとして働いているが、お金がお金を作りだす分の方が何倍も多くすることができた。
敗者のゲームという本も非常に評判がよいが、私もそう思う。昔は私も日本の個社ごとの株式に投資していた。私には一握りのチャンスをつかむ才覚はなかったようで大した成果は上がらず、今ではほとんど個別株はやめて多くの株式を束ねたインデックス・パッシブ型の投信だけに投資するようになった。そういった流れを5年も前に確信を持って説明している本書はすごいと思う。

最後に、お金の話を書くブログにお決まりのやつですが、本記事は記載の商品等、何かを推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。
スポンサーサイト



雑記 令和1年の5月に思うこと 

2019年5月10日(金)晴れ

日本の元号は5月1日に令和(れいわ)になった。
祝福、ウェルカムムードの中、ネットニュースを見ていると、商業的な祝賀一辺倒だけの捉え方でなく、天皇制とは何か、どうあるべきかについて日本人が少しでも個々人で考える機会とすべきだと当日のNHK報道は報じていたのが良かったと取り上げている記事があった。確かに、私のような政治や天皇制絡みについて直接関わる機会が薄い恐らく同じような多くの日本人にとって、日本の仕組みとして未だある天皇制とは、ただ悪く言うと悪者になる物、自分の意見なんてわざわざ述べないのが一番無難な対応だろう、という印象を持つの物だろうと思う。
そうでない、日本人の一部であろう商業的であったり利害関係が絡む人達の先導に基づき、そのようになっているのだとしたら残念なことだと思う。日本人として生きる上で本当に重要なことであるなら、正しくそういう教育や周知をして大多数が腫物に触るような扱いから脱却させるべきだと思う。元号の話から天皇制の話に移すのは飛躍があるのかも知れない。しかし、天皇性絡みの話について私のようなサラリーマンが生活で耳にするのは、待ちの街宣車でのあの怒声ぐらいだ。

20190511075518.jpg

最近は横浜にある会社に勤務しており、昼飯は専らバーミヤンだ。
東京BM級グルメフェス グルメ鉄道中華の旅編というメニューをやっていた。




20190511075517.jpg

鶏パイコー汁なし担担麺 単品749円。
この商品を気に入って何度か食べた。鶏のから揚げが美味しく、担担麺の味は元々好きなので私の好みの料理だ。
ちなみに、スパイシーチップのサクサク唐揚げという商品も食べたことがあるが、こちらは駄目だった。チップというのが食材に詳しくないので分からず米を焼いたやつか何かかと思ったが、小麦粉を焼いたようなほとんど腹の足しにならず、ただ唐揚げだけ食べたようになった。この商品を食べるなら、ご飯か何かを別に注文しないと昼食としては足りないだろう。


電車の待ち時間やタバコを吸うときなど、スマートフォンでネットのニュース記事を見ている。最近は日韓関係が悪い状態にあることに関する記事が多い。私は政治にも疎くこの話題にも根深い理解に基づいた意見を持てずに眺めているような感じなのだが、一体どうなのだろうか。日本に住んで、日本人としてこういうニュースを見ると、韓国政府は酷いことするなあ、言うなあと思わせる記事が多いが、韓国政府が韓国国民の意見を誘導するように、日本でよく見かける記事を見ている日本人である私も同じようなことになっているのかどうなのか、分からずいろいろと悩ましい。
この手の話を頭に浮かべるとき、いつも私には会社内や仕事の付き合いで知り合うことが出来たお名前からして韓国や朝鮮に何らか所縁があるだろうと思う人達が頭に浮かぶ。彼らと所謂ネットニュースで取り上げられるような話題を会話するなど勿論ないが、どんな気持ちや悩んでいないかと思うと心が痛む。私の知り合った、私の知りうる限りの範囲でしか想像を膨らませることは出来ないが、彼らは総じて気が良く人が良く、会話して仕事で接して楽しく真面目な人達であった。
私は韓国という国について持つイメージは、「熱い血潮」を持った国民だろうと勝手にイメージを持っている。韓国からの映画や文学、スポーツだけから私の韓国の知識は出来ているため、相当の偏見なのであろうが、韓国というと友情、人情、愛情に熱い国民性というイメージがある。映画にて、友情に涙する顔の表情などは他のどの地域、民族の方の顔より韓国の方の顔が最も当てはまりが良いと感じる。
国民の意識に反日を教育で植え付け、政策で反日路線を取ることで国民から政党の支持を集める戦略は、国民にサッカーを好きにさせ、サッカーを盛り上げる政策を取ることで政党の地盤を固めるやり方であるため、しっかり見極める力をつけるべきという記事を見かけて、その記事は私にしっくり来た。韓国は、熱き血潮の国、という強みを全面に出して世界に出れば、世界有数の注目すべき国になると思う。

自宅引越し 

2019年3月18日(月) 晴れ

20190318092544.jpg

自宅を引っ越した。
横浜関内、伊勢佐木長者町駅の近くのマンションに住んでいた。15年、随分と長く住んだ。ここ関内には、特別に個人的な思い入れはないが、勤め先の会社に徒歩で通える所からこの地に住み始めた。しかし、勤務地が自社オフィスになることは少なく、あまり自社に徒歩で通うことはなかった。その後、自社オフィスが移転して関内に居続ける必要性は無くなったのだが、引越しするのが面倒でズルズルと住み続けていた。
私もいい加減歳を取ったので、そろそろ中古の家でも買えないだろうかと探し始めたが、なかなか買えるような物件があるほど甘くはなかった。なんとなく、その気になって部屋の整理、断捨離を少しずつ始めていたので、家を買って引っ越すことは叶わなかったが、賃貸ではあるが気分転換に引っ越すことにしたのだ。
場所は勤務地になりがちな東京首都圏と自社オフィスがある横浜の両方に通いやすいよう、川崎を中心に探した。最終的には南武線鹿島田駅に近いワンルームの賃貸に決めた。少し歩けばJRの新川崎駅が使えるので、主に使う駅はそちらになるだろう。アパートと言えるような小さな建屋の1階、角部屋だ。家賃は関内に居た時より1万円以上安い。
新しい街での生活が、楽しみだ。




20190318092606.jpg

ここに上げた2枚の写真は引っ越し当日、最後に自宅の部屋からの景色を撮ったものだ。大通り公園に面し、非常に立地の良い所に住んでいた。マンションの高層階であったので騒音等も一切なく過ごしやすかったが、私はあまり騒音など気にならず、街中での景色に強い興味もなかった。いい経験ができたし、今後私はマンションの高層階に住むことはないだろう。

自己備忘も兼ねて、引越しの際に必要だった手続きについてメモしておこう。

■物件・役所関係・ライフライン等(手続き方法)
・物件探し・賃貸契約(インターネット/不動産会社)
・引越し業者申し込み(インターネット)
・住民票転出/転入(市役所)
・免許書住所変更(警察)
・郵便物転送(インターネット)
・水道停止/開始(インターネット/郵送(振込口座連絡))
・ガス停止/開始(インターネット/現地(閉栓/開栓))
・電気停止/開始(インターネット)
・インターネット・プロバイダ住所変更(インターネット)
・携帯電話住所変更(インターネット)
・銀行住所変更(銀行窓口)

■ネットサービスアカウントの住所変更
・Amazon
・楽天/楽天証券
・Suica/えきねっと/JR-My-East
・好日山荘
・モンベル
・ツタヤ
・まいたび
・クラブツーリズム
・ニトリ
・JT

■会社系
(省略)
会社内の様々な住所変更の手続きが、とても沢山ありこれが一番苦労したかも知れない。

これから、24時間出せるゴミ置き場は無いので各ゴミの収集日を覚えたり、宅配ボックスも無いのでネットでの購入は配送日を土日に指定しなければならない。
新しい所に住み始めて数日経ったが、まだいろいろと慣れないことが多く気持ちがふわふわする。この状況も、自分への刺激と思って楽しんで頑張ろう。

浜田省吾ON THE ROAD 2016 Journey of a Songwriter(2016年横浜アリーナ2日目) 


2016年11月20日(日)晴れ。

20161122065104.jpg

浜田省吾のアリーナツアー、ON THE ROAD 2016 Journey of a Songwriterを観てきた。
16時入場開始とのことで15時半に横浜アリーナ前で友人3人と待ち合わせる。チケットは友人が取っておいてくれた。15時に到着してまだ友人はまだ来ていない。横浜アリーナ正面左側のセブンイレブンで缶ビールを買い、飲みながら周辺を散策する。コンビニの更に左側裏手にツアートラックが止まっていた。皆記念撮影をしている。省吾のそっくりさんだろうか、歌のうまい方が路上で省吾の歌を歌っている。立ち止まって聞き入るがとても歌もギターも上手い。省吾のツアーではいつも見かける人だ。
16時前頃から友人達と合流し、雑談をしながら入場を待つ。




20161122065110.jpg

17時開演。
先日の福岡公演では喉を痛めて公園が中止となったと聞いており心配したが、その様子を見せず省吾は元気そうだ。10年以上キャンセル無しでやってきて公演中止となり悔しかったこと、苦情や中傷の嵐を予想したが一切なく、応援の声やメッセージばかりでいたわられているなあと感じたことなどを語った。こんなに労わられるならこれからちょいちょい休もうかとおどけて見せた。
私は立見席で前の人が立ったりすると省吾の姿は見えず、あまりよい席ではなかったがそれでも楽しめた。恒例の客席の年代チェックでは年代別に声援を送り、やはり40台と50台が最も多く50台が最多という軍配が上がった。10歳以下や70歳以上の方も見られ、正面モニターで客席を写し、客側との一体感を演出していた。
曲目リストとしては、新アルバムのJourney of a Songwriterからの曲が多いが、その他の人気曲では事前にアンケートを取ってファンの聞きたい曲の上位から選曲するなどの工夫をしていた。私の好きなミッドナイトブルートレインでは演奏前に小芝居のようなものがあり、とても楽しかった。
合計29曲、途中休憩含めて3時間以上で存分に省吾の世界に浸ることができた。


(第一部)
1.路地裏の少年
2.この夜に乾杯!
3.モダンガール
4.ラストショー
5.AMERICA
6.EDGE OF THE KNIFE
7.DJお願い!
8.バックシート・ラブ
9.今夜こそ
10.終りなき疾走
11.MIDNIGHT BLUE TRAIN
12.愛の世代の前に
(第二部)
13.星の指輪
14.片想い
15.マグノリアの小径
16.光の糸
17.旅するソングライター
18.きっと明日
19.夜はこれから
20.ON THE ROAD
21.J.BOY
(第三部)
22.アジアの風 青空 祈り part-1 風
23.アジアの風 青空 祈り part-2 青空
24.アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
25.誓い
(アンコール1)
26.こんな夜は I MISS YOU
27.光と影の季節
28.I am a father
(アンコール2)
29.家路
thread: コンサート | janre: 音楽 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

ブランデー梅酒作り 


2015年10月17日(土)曇り

以前、山登りに出か山小屋に泊まったとき、休憩部屋で隣になったおじさんがペットボトルに自家製の梅酒を持ってきていた。家の庭になった梅をブランデーで漬けているのだという。一口いただいたが、甘く香りがよく山の夜にぴったりのお酒であった。
私もやってみたいと思い、作り方をインターネットで調べやってみることにした。




20151017101541.jpg
タケヤ化学工業 果実酒びん 角型 4.0L
1個670円、2個をアマゾンサイトで購入した。プラスチック樹脂のような素材で軽く、取っ手が付き、蓋には注ぎ口となる二重のキャップとガス抜き用の弁が付いている。
容器は煮沸した湯で洗浄し、さらにアルコールで殺菌した方がよいとあった。菌があると長い時間放っておくのでカビが生える危険性があるためだ。アルコールは手持ちが無かったので煮沸洗浄で済ませた。




20151017114239.jpg

20151017114247.jpg
冷凍南高梅(梅酒・梅ジュース用)冷凍梅 500g 4袋
2800円と送料700円。楽天サイトからJA紀南で購入。梅の季節は6月なので今は冷凍梅しか売っていない。梅酒に漬ける梅について、だいたい3か月ほどで飲み頃となり、梅は半年から1年ぐらいで外に出すとあり、冷凍梅の場合は1か月ほどで飲み頃、梅を出す時期も冷凍しない場合の半分ぐらいの期間とのことだった。冷凍した場合、果実内の組織が破壊され、うま味のエキスが早く出るとのこと。冷凍した方がいいのか、冷凍しない方が美味しいのかは、書いてあるサイトによってマチマチであった。果たして、今回冷凍梅を使ったがどうなるだろうか。




20151017114631.jpg
梅のヘタを1個1個丁寧に取る。竹串などで取るとあったので結構やっかいな作業かと心配したが、串状のもので刺すとクリッと簡単に取れた。




20151017115512.jpg
氷砂糖1kg、近所のスーパーで購入。500円ぐらいだっただろうか。
4リットル容器1つ分に氷砂糖500~800グラムとあったので、今回1つに500gとしたので少し甘さが足りないかもしれない。




20151017121848.jpg
容器に梅、氷砂糖、また梅と交互に入れていく。




20151017121232.jpg

20151017121249.jpg
サントリー 果実の酒用 35° 1800mlパック
1本1300円。近所のドン・キホーテで2本購入。




20151017122036.jpg
1つの容器に梅1kg、氷砂糖500g、ブランデー1.8Lを入れた。




20151017122410.jpg
これを2つ作った。作業した時間は40分ぐらいだろうか。
漬けこみ後2週間は、毎日1回容器をゆすり糖分を均一にするとのこと。浸かったお酒は勿論、梅も美味しく食べられるとのことなのでとても楽しみだ。
果たして、うまくいくだろうか。うまくできたら、私も容器に入れて山行に持って行ってみようと思う。

[ブログランキング]