FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

横浜中華街 ― 一八家 

5月25日(日)晴れ。

DSC00996.jpg
DSC00997.jpg
5月18日のこと。
関内駅前、大通公園側。天気がいい日が続く。
まだ蒸し蒸しした感じはなく、5月は1年で一番いい気候だろうか。




DSC00998.jpg
DSC00999.jpg
大通り公園の関内駅側の橋には銅像が立っている。
オーギュスト・ロダンの「瞑想」と書いてある。




DSC00992.jpg
5月17日のこと。
横浜中華街、横浜スタジアム側の入り口あたりにラーメン屋ができた。横浜家系、一八家。できたばかりの店で開店祝いの花が並んでいる。
このすぐ近くで働いているのだが、普段はビルの中にある弁当屋の弁当を食べているので気が付かなかった。会社の人が私がラーメン好きであることを知っていて教えてくれた。




DSC00993.jpg
ラーメンはとんこつ、塩、赤味噌とある。とりあえず普通のラーメン(とんこつ)650円にした。
食券を買い、カウンター席に案内される。来店は夕方7時ぐらいだったが4,5名、1人客がいた。店は入り口から細長い作りでカウンター席が10席程度、奥にテーブル席が2,3見えた。開店直後だから当たり前だが店内は綺麗。木目調を入れて家系感を出している。店員は男性3人女性1人の4人。全員中国の方だろう、厨房では中国語で話していて、カタメコイメ、などの日本語を繰り返し、お互いに練習しあっていた。ほほえましい。




DSC00994.jpg
ラーメンが来た。見慣れた家系ラーメンだ。器は水色のどんぶり、面は太くてやや曲がったストレート麺。具材はチャーシュー1枚、卵半個、海苔3枚、ほうれん草、青ネギ。




DSC00995.jpg
固め濃いめで注文したが、他で食べた家系よりほんの少しだけしょっぱさが少ないか。それ以外は可もなく不可もなくオーソドックスな家系ラーメンと感じた。
遠方から中華街に来てここでラーメンを食べる人はいないとは思うが、この辺りは多少でも私のような勤め人も食べにくる。中華しかない、というよりは少しはこういう街中の飲食店もあるとありがたい。
ただ、中華街的にはどうなのかは気になる。気になるといえば、家系は本家から弟子、孫弟子と受け継いだ人が暖簾分けして店を出すイメージを持っていたが、ここはどういう経緯で家系の店を出すことになったのかも気になるところだ。
スポンサーサイト



thread: ラーメン | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

横浜中華街 - 和楽 

11月15日(木)晴れ。
秋晴れは心地いい。



20121115_和楽場所
昼飯に横浜中華街の脇にある蕎麦屋、和楽へ行った。
実は隣のラーメン屋に行ったのだがいつものように混んでいて少し並んでいるようだったので隣を見るとここは空いている席が見え入れそうだったのでこちらにした。




DSC00808.jpg
入るとテーブル席、幾つか空いてるのでそこに座ろうかと思ったが喫煙か聞かれ、はいと応えると2階に案内された。2階にはテーブル席もあるがちょっとしたカウンター席もありそこに案内された。灰皿が置いてあり2階ではタバコが吸えた。
昼時ともあって、カウンター席も1席置きで埋まっているような感じだ。




DSC00803.jpg
店頭に看板も出ていた、カキフライ丼とそばのセット880円を注文した。蕎麦は暖かいのか冷たいのか聞かれ、冷たい方にした。




DSC00804.jpg
タバコを吸おうとすると、すぐに蕎麦殻で作ったサラダというものが出てきた。
何か油のようなドレッシングがかかったお洒落な感じの品だったが、蕎麦殻はモコモコして何か食べなれないものを口に入れている感じがした。本当の蕎麦好きには旨いのだろう。




DSC00805.jpg
セットが来た。
蕎麦、お新香、カキフライ丼、味噌汁。




DSC00806.jpg
蕎麦はやはり蕎麦屋の蕎麦だ。しっかりしている。最初、量が少ないかと思ったが食べ進むとそこそこ、十分な量があった。割り用のポットを持ってきてくれて、食べ終わった後めんつゆに入れて飲んだ。




DSC00807.jpg
カキフライ丼はカキフライが3つ。牡蠣も大きめで旨かった。
880円だがいい食事をしたと思う。食べ終わり、もたれる感じでもなかったので平均的な大人の男性には少し量が少ないのかもしれない。
2階の喫煙席だったので食後にタバコを吸ったが、他に誰も吸っていないように見え、煙もこもる感じで少し気が引けた。


チケットぴあから中島みゆきの縁会について、チケット販売のメールが頻繁に来る。見ると11/14に来たものは11/15公演、11/15に来たメールは11/16公演だ。どうやらチケットが余っているのだろう。もちろんとても行きたいがそうそう翌日の都合は付かない。一度中島みゆきのコンサートに行ってみたい。


中島みゆき ハリネズミだって恋をする(一部のみ抜粋)

傷つきやすいということが 言い訳になってハリネズミ
傷つきやすいということが 逃げ道になってハリネズミ
傷つきやすいということが 世渡りになってハリネズミ
傷つきやすいということが 止まらなくなってハリネズミ

thread: うどん・そば | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜中華街 - 上海飯店 

10月5日(金)晴れ。

中国での反日デモは一旦収束したようだ。
尖閣、竹島は一体この後どうなることだろうか。竹島については国際のどこかの裁判所に単独提訴する準備がようやく整ったそうだ。
大阪維新の橋下氏は尖閣の実行支配は成功しているが、竹島は完全に失敗だという発言をしたようだ。共同管理という言葉まで言ったそうだが真偽は分からない。韓国に50年実行支配を許し、日本はこれまで何もしなかった。もちろん実行支配が始まるときは抵抗して日本と韓国船の銃撃戦まであったと新聞に残っている。それでも、私達庶民も知らなかったとはいえ50年の放置は失敗だろう。こういった領土問題は政治ゲームのようにも思えるが、竹島に関しては既に負けた感じがする。
尖閣については結局アメリカによる牽制が大きく影響したようだ。こうなると沖縄でオスプレイの配備反対をしている活動が微妙になる。ネトウヨと呼ばれるネット上で右寄りの書き込みをする人達は今度はこの反対活動を叩きはじめた。反対活動では最近、凧を飛ばして抗議を始めたようだ。飛んでいるオスプレイのすぐ近くまで上がっている凧の写真がある。これで墜落したらどうするんだと、批判する格好の的になっている。ちなみに、ネトウヨとはネット右翼の略称だ。




DSC00349.jpg
この日の昼も横浜中華街、上海飯店という店に行った。
先日と同じ香港路の通りにあり、店の外観は少し汚い。中に入るとカウンター席5席と4人テーブル1つのみ、中は更に汚い。
客は私1人、中年男性の店員が買い物から帰った直後か、レジ袋をガサゴソやっている。




DSC00350.jpg
冷担々麺ランチ、600円を注文した。




DSC00351.jpg
目の前で油がこっちに飛んでくるのではないかというほど近くで調理し、タバコを吸っていると担々麺が出てきた。




DSC00352.jpg
スープはつけ麺のようだ。皿は小さく、欠けている。
麺はスーパーで売っているような水でほぐすタイプの冷やしラーメンのようだ。チャーシュー、きゅうりの千切り、錦糸卵が乗っている。どれも冷蔵庫から出して切っただけという感じだ。チャーシューは1切れ食べて他は残した。麺は先に書いた通りでインスタントラーメンそのものだが、逆に言えばまあこの麺は私は好きなので全部食べた。スープは担々麺のスープのような気もする、これもインスタントのものではないだろうか。不味くはないが味は薄くいかにもインスタントラーメンの味だ。




DSC00353.jpg
チャーハンも出てきた。チャーハンも雑だ。味は薄いが胡椒がぶっかけてあり所どころ辛い。まあこんなチャーハンも私は嫌いでないのですべて食べた。
私だからなんとか食べてそこまで料理に不満はないが、さすがに店の雰囲気や、テーブルや灰皿など一応水拭きしてあるが長年の油がこびり付いているようで何かペタペタする感じに辟易して早めに店を出た。
外観から、外から来た人にここを勧める人はいないだろうが、せっかく遠くから来た人に勧められる店ではない。夜に中国人達の知り合い達が集まって飲むようなことで成り立っている店だろう。男性店員の割烹着も汚れてボロボロだ。
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜中華街 - 鵬天閣 

10月4日(木)晴れ。

今週になって涼しくなった。普段、長袖のワイシャツの腕をまくっていたが、会社の行き帰りでは捲くっていた袖を伸ばさないと少し肌寒い。


20121004_鵬天閣場所
昼休み、横浜中華街の鵬天閣に行った。
中華街の中央付近、この中山路、香港路という左右に渡る細い道にある店は大概うまい。この店は香港路にある。




DSC00344.jpg
店内はかなり綺麗。禁煙と喫煙を聞かれ喫煙席に着いた。タバコを吸っていると後から来た老人がこちら側に入ってきて、タバコ吸ってるから向こうにしようと少し離れて座った。ここは喫煙席ではないのか。客は2、3割の席が埋まっていたが出る頃には7,8割が埋まっていた。食べ放題のメニューもあるようで4,5人でワイワイやっている若い人も何組かいた。




DSC00345.jpg
ランチセットA-3、レバニラ炒め\630を注文した。
注文してタバコに火を着けたら半分も吸わず料理が出てきた。近くにいた若い男性5人組は食べ放題メニューを頼んだようで、オーダーしてからドリンクを取りに行ったが戻ったらもう料理が来ていて驚いていた。早く料理が出てくるのはありがたい。




DSC00346.jpg
盆に乗って一式出てきた。
レバニラ炒め、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐、ご飯。
スープはフカヒレだろうか。とろみのあるキノコ系の味でかなり味が濃い。
ご飯は茶碗は小さいものだが漫画盛りのように山盛りになっていて量は十分だ。




DSC00347.jpg
レバニラ炒めの味は日本人好みのよくあるものだ。普通に旨い。特筆すべきはレバーの量だろう。薄切りで小さいがかなりの量がある。よくレバニラ炒めを頼むとレバーは少なかったりして後半レバーが無くなったということがないように、レバーを多少よけながら気を使いながら食べさせられることがあるが、そんなことは一切ない。何なら、ちょっと最後はレバーの多さに多少飽きが来たほどだ。もちろんこれは嬉しいことだ。これで630円ならこの店はお勧めの店だろう。




DSC00348.jpg
食べている最中、ちょっと遅れて春巻きが来た。フカヒレだろうか、普通のものだ。パリパリして旨い。




この日帰りに夕食にマクドナルドを買って帰った。インターネットのニュースで、マクドナルドがレジのところにメニューを置くのを止めるとあったのでどんなものか寄ってみた。
もちろん、ネット上では大不評だ。先にメニューを決めておいてもらうことでレジがスムーズになり利便性が向上するとのことだが、値段を見せずに多く買わせよう、安いものだけ買われないようにしようという目的が見えていやらしい。
実際買ってみたが、なるほどこれは随分不便だ。買う前、自分が何を買うか確認するのは誰でもやるだろう。天井の方にあるメニューを目を細めて見るしかない。何か待たせているという罪悪感まで感じさせる。ファーストフードでは既にマクドナルドは天下を取ったのだろうが随分と殿様商売のような気がする。
ちなみに、私はドリンクはだいたいコカ・コーラゼロにしている。このとき、氷無しを注文する。炭酸水が水で薄まるとまずくなることこの上ない。
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜中華街 - 桃香園 

9月28日(金)曇。


DSC00337.jpg
昼食に横浜中華街の桃香園に行った。関帝廟通りと市場通りの交差する角にある。
店内は少し小さめで中にあるテレビのモニタにはジャッキーチェンの生い立ちのビデオが延々と流れていた。なんとなく香港映画に出てくる食堂を彷彿とさせる。
店員は中高年の女性1人男性1人、客は若い男1人と私、互いに対角線の隅の席に座っていた。




DSC00336.jpg
勧められた選べる麺セット880円を注文した。
ラーメンはAの醤油、最初塩と言ったが塩は無いそうだ。付け合せは3番の小籠包3ケ、他にサラダ、ザーサイ、杏仁豆腐が付くそうだ。




DSC00331.jpg
卓上には灰皿がありタバコを吸っているとしばらくしてサラダとザーサイが出てきた。
サラダはレタスの千切りにごまドレッシングがかかっている。ザーサイのようなものも千切りでこちらは唐辛子も入っていて辛いタレがかかっている。




DSC00332.jpg

DSC00333.jpg
サラダ類を食べきるとラーメンが出てきた。
普通のラーメンだと思う。具材はチンゲン菜とゆで卵、チャーシュー1枚。最近の日本の流行りのラーメンとは異なり昔ながらの中華ラーメン。チャーシューは柔らかくとろとろにする日本のものとは異なりかか固めで本格的な感じのする肉厚のもの。チンゲン菜はラーメンには合わない。不味くはないがお勧めされたピリ辛の方にしておけばよかったかも知れない。




DSC00334.jpg
ラーメンを食べている最中に小籠包も出てきた。
卓上の醤油、ラー油、お酢を8:1:1ぐらい小皿に入れて付けて食べた。出てきて少し経ってから食べたからか熱々ではなかった。皮は厚めだがもちもちとして旨いと思う。




DSC00335.jpg
最後に杏仁豆腐が来た。洒落た1枚ものだ。



友人が浜田省吾のライブDVDを買ったとのことで音源を分けてもらった。
コンサートの録音そのままで行ったときの情景がよみがえる。横浜アリーナでのコンサートのもののようだ。浜田省吾は10年以上前は延々と聴き続けていたが最近はあまり聞かなくなったかもしれない。しかし、久々に聞くとやはり好きなアーティストだと改めて思う。特に最近はメジャーヒットした有名な曲をよくリピートして聞いている。昔は何か探すようにアルバムの中のマイナーな曲ばかり好んで聞いていたが、そういった変なこだわりはもうどうでもよくなったというところだろうか。
世間的にも比較的有名と思うMoneyという曲がある。純白のメルセデス、プール付きのマンション、と現実感の無い無縁の世界、一部の金持ち達の世界を鬱屈した思いで歌う部分がある。このとき流れるドラムだろうか、ドン、ドン、としっかり、ゆっくり沸々と脈打つようなドラムが好きだ。手に入らない夢や贅沢品を延々と目の前に見せつけられたまま50年60年生きて死ぬ人生は悪夢でしかないと思う。苛立ちが増加する。それを爆発させた場合は犯罪者だ。


浜田省吾 - Money (一部のみ抜粋)

俺は何も信じない
俺は誰も許さない
俺は何も夢見ない
何もかもみんな爆破したい

純白のメルセデス
プール付きのマンション
最高の女とベッドでドンペリニヨン
欲しいものはすべてブラウン管の中
まるで悪夢のように
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

[ブログランキング]