FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

横浜中華街 - 一楽 

9月25日(火)曇。
急激に冷えたりして少し風邪を引いた。
歯の治療が少し派手で口の中が痛んだりしてバファリンなどを飲み続けて体力が弱っていたのかもしれない。
お店のために書いておくが私の通っているカトレアプラザ歯科は悪い歯医者だとは思わない。虫歯の箇所が多く、親知らずは大きな虫歯でこれを抜歯したりしたので治療が派手なのは歯磨きが甘かった私の自業自得、どこの歯医者に行っても派手な治療になったと思う。ただ、ここの治療代金は少し高いと思う。



DSC00326.jpg
昼飯に横浜中華街、一楽という店に行った。
中華街のメイン通り、やや関内駅側にある。
店内の綺麗さは普通ぐらいだろうか。2階席に案内された。客は2組ほど。




DSC00327.jpg
ランチのD、特製キムチチャーハン750円を注文した。注文してから、あれ、キムチって中国じゃなくて韓国かと思ったがこれが一番食べたいメニューだった。
席には灰皿がなくどの席にもなかったので全席禁煙だろう、特に聞くこともなく少し待つと料理が出てきた。




DSC00328.jpg
水がすぐ出てこないので言おうか迷い始めたとこに水とザーサイ、スープが来た。
スープは豚肉の薄切りがちょろっとだけ入ったコンソメだろうか、好きな部類のスープだった。




DSC00329.jpg
キムチチャーハン。見た目は少し冴えないが普通と思えるキムチを混ぜ込んだチャーハン、豚バラの量は少ないとは言えない程度に入っていて旨いチャーハンだと思う。




DSC00330.jpg
最後にデザートでクリームチーズのようなものが出た。食べたら杏仁豆腐だったがクリームのような感じで旨かった。最後のデザートは最近は残しているのでこれも一口食べて残してしまったが、普通に旨いと思えるデザートだと思う。

少し風邪を引いたからか、書いた文章がぶっきらぼうに思える。
もしくは、最近の中国ニュースで中華街に飽きてきたか。
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜中華街 - 揚州飯店 本店 

9月20日(木)晴れ。
昨日、一昨日と雨が降った。少しだけ涼しくなって過ごしやすい。
中国で起きていた反日デモは18日で落ち着いたようだ。中国政府も日本大使館などを必死で守っていた。
アメリカは尖閣で軍事行動が起きたら介入すると発言したようだが真偽の程はわからない。
日本の報道では中国のデモはガス抜きの意味合いが強いとの見解だ。低所得層の不満が溜まっていて、その矛先が政府に向かないように反日というネタを使って適度にガス抜きしているらしい。まあガス抜きでも何でもいいが、日本人が中国に関わるのは今後減っていくだろう。企業が海外進出する際にも中国は避けるだろうし、私の会社でもオフショアとして中国の会社と付き合いがあるがそれとなく発注を減らしていくような感じだ。




2012_09_20_12_15_17.jpg
昼に久々に横浜中華街に行った。
中華街のメインの大通りにある揚州飯店、本店。大通りのやや中華街駅側にある。




2012_09_20_12_15_28.jpg
ランチのB、油淋子鶏 タレかけ揚げ鶏 700円を注文した。
店内は綺麗で高級感があり、店の奥側は曲がってまた客席がありかなり奥は広そうだ。一番入口側の席に着いた。客は5割ほど席が埋まっている。サラリーマンが多く観光客は少ないように見える。




2012_09_20_12_19_56.jpg
全席禁煙で入り口の外側脇に隠すようにあった灰皿でタバコを吸い、戻るとスープとサラダが来ていた。
卵スープ、サラダ、シュウマイ、ザーサイ。
卵スープは中華街でよくあるとろみのあるもの。中華街のランチでサラダが付くのは珍しい。レタスに何かのドレッシングがかかっている。シュウマイ、ザーサイの千切りも特に特筆すべきものはない。もちろん不味くはない。




2012_09_20_12_21_05.jpg

2012_09_20_12_21_20.jpg
鶏肉の唐揚げが来た。この料理はよく中華街のランチメニューにあるのだが、この料理を選ぶとまず外れがない。コロモが固く甘辛いタレがかかる。何故か日本の製品でこの調理法の唐揚げを見かけないが、だいたい旨い。もちろんこの店のこれもおいしかった。ただ、私は鶏肉はかなり念入りに火が通っている方が好きなのでもっと中も火が通っていたほうがよかった。少し鶏肉の生っぽい感覚がありそこは私には良くなかった。
写真にはないが食べ終わり頃に杏仁豆腐も来た。杏仁豆腐は残した。中華街のランチでは私は最後の杏仁豆腐は残してしまっているが、だいたい一口も付けず残す。不味かったというわけではなく、お腹いっぱいになった後さらに杏仁豆腐まで食べないという、まあそんなことまで伝わらないだろうがひょっとしたら伝わるかもという思いだ。

thread: ランチ | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜中華街 - 天外天 

8月23日(木)晴れ。

20120823_天外天場所
この日は昼飯に横浜中華街、天外天という店に行った。




DSC00149.jpg
店内はテーブル席で10~15席程度、他に2組しか入っておらずそのためか落ち着いた雰囲気だ。




DSC00150.jpg
ランチのA、若鶏のチリソースとカニ肉餡かけご飯¥790を注文した。




DSC00151.jpg

DSC00152.jpg

DSC00153.jpg
中華街には珍しく、料理が一式揃って出てきた。まあたまたまかも知れない。
チリソースの品は旨かった。鶏肉の唐揚げにとろみのある甘辛いタレがかかっている。キャベツだろうか下に紫の千切りが敷いてあり、これに絡めてタレも最後まで食べられた。
ご飯にはこれも餡がかかっており蟹肉も細かく見えるがほとんど、まったく味が無い。
スープは干した小エビだろうか、これがアクセントになっていたのが唯一の救いだが、これもとろみのスープ、このランチだからたまたまかもしれないが3品とろみで片栗粉ばっかり食べているようでさすがに後半はもたれた。スープも味自体はほとんどない。それぞれ、別に不味いわけではないが片栗粉の料理ばかりで何かでんぷんだか流動食だかを食べている感じになってしまった。




金曜、会社での作業ではIRCを使ってチームメンバとチャットでやりとりしているのだが、前日アメトークという番組で富士山芸人という特集で面白かったと教えてくれた。私は来週から夏休み、富士山に登ってくると話したことがあった。
家に帰ってユーチューブで番組を見たが、興味が合致しているからだろうとても面白かった。
富士山、楽しみだ。
thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜中華街 - 麺恋亭 

8月19日(日)晴れ。
とても暑い。
暑いけれども、ここのところおかしな天気が多いからだろう、このクラクラするような暑さが夏は暑いものという常識を体現しているようで何かほっとする。




20120819_麺恋亭場所
今日は日曜出勤だった。ビルのフロアには一緒に出社してくれたパートナー社の人と2人きりだ。
昼飯に誘って横浜中華街の端にあるラーメン屋、麺恋亭に行った。




DSC00143.jpg
平日、ここに昼飯に来ようとすると入り口まで2,3人待っていて並ぶ気にならない。中華街は基本的に中華料理屋しかなく、毎日中華ともいかないサラリーマンがここに来てしまうのは当然だろう。今日は日曜で入れるだろうと来てみたら案の定空いていた。
テーブル席で5,6テーブルだろうか、幾つかのテーブルは中央に仕切りがありカウンターのような感じになっている。店内はいかにも庶民のラーメン屋、おしゃれな雰囲気はない。中華街に来た観光の人は当然中華料理屋に行っているのだろう、2,3組居た別の客はみな休日出勤のサラリーマン風情だった。




DSC00144.jpg
休日だったがランチメニューがあった。ラーメンとチャーハンで¥840、これを注文した。麺恋ラーメンはこの店の基本ラーメンだ。




DSC00140.jpg

DSC00142.jpg
麺恋ラーメンが来た。
具材はチャーシュー3枚、海苔3枚、ネギとシンプルだ。のれんには大分ラーメンと書いてるが大分ラーメンがどんなものだったか分からない。オーソドックスな、悪く言えばチープな感じのするラーメンだ。麺は最近の流行りからするとやや細め、柔らかめだろうか、普通すぎる感じのするラーメンだ。チャーシューは旨く、ネギもやや多めでアクセントに丁度いい。スープは豚骨だが醤油の濃さはなく、ともすると薄いがネギのアクセントがあるので途中で飽きは来ない。あーっラーメンを食べた、という気になる満足できるラーメンだ。平日のサラリーマン3人4人組が、どこ行きます?ラーメン行く?いいですねえとなって入り口に2,3人あふれる程度の込み具合になるのは十分うなずける。




DSC00141.jpg
チャーハンも付いてきたがおまけ程度だ。味も薄く中華街のチャーハンには比べるまでもないが、ラーメンに付いてくるライスと思えばスープをすくってはこのチャーハンをかっこむ、という食べ方にこの味の薄さは丁度いいのかもしれない。




中島みゆきが縁会というコンサートを開く。夜会にひっかけたネーミングだろう。チケットは取れるかわからないがウェブサイトで見つけてとりあえず応募してみた。当たるといい。
私が自己満足で書き散らしているこの中島みゆきの記事を見て、あんまり興味がなかったけどちょっと聞いてみようかと思う人は、いるのだろうか。

中島みゆき YOU NEVER NEED ME(一部のみ)

好きなものや欲しいものは次から次へとあるけれど
必要と思うものはそんなに多くない
私のことを憎からず思ってくれたのは事実
でも必要と思ったこと なかったのも事実
thread: ラーメン | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

横浜中華街 - 満珠園 

8月17日(金)晴れ。
地面が歪んで見えるほど暑い。


20120817_満珠園場所
昼飯に横浜中華街、満珠園という店に行った。




DSC00135.jpg
ここの路地は店が寿司詰めで狭い路地に並んでいるが、ほとんど客が入っていない。ランチメニューを眺めていたら呼び込みで立っているお母さんに呼び込まれたので入った。私は入ろうか迷っていて声をかけられたら大抵入る。
店内はテーブル席10席程度、客は2組。その後は1組2組入ってきたが昼時なのにたくさんで賑わうということはなかった。




DSC00139.jpg
ランチメニューの2番、鶏肉の四川風炒め¥680を注文した。帰りに会計したときには620円だった。後で食べログで見てみたら、皆ランチで払った値段はマチマチのようだ。
中華街の店ではよくあるのだが、ランチメニュー表が2つも3つもあったりして、どれがこの店で現役のランチメニューですかと聞きたくなるようなこともある。店員さんもそのメニューが幾らだったか分からなくなっているのかもしれない。




DSC00136.jpg
最初にスープとザーサイが来た。
スープはワカメとタマゴのスープ。澄んでいるタイプで私の好きなスープだ。中華街のランチで出るスープは大抵2パターンあり、1つはとろみの付いたもの、1つは澄んだもの。前者が圧倒的に多いが私は後者の澄んだスープが好みだ。ワカメスープはチャーハンのおまけに付いているような味の濃いともするとチープな味だが、これも私の好きな味だ。私は次の料理が出てこないと最初に来た品を食べきってしまうのだが、このときもスープを食べきりまた少し待っていた。次のメインが来るときに店員が気づいてスープ要りますかと聞かれたのでもう一杯飲んだ。おかわり有り無しと書いていなくても、無くなってたらもっと飲むかな、程度のノリなのだろう。




DSC00137.jpg
鶏肉の炒め物とご飯が来た。
炒め物は、鶏肉、タケノコ、ネギ、ピーマン、人参などがサイコロ大に切って炒めてある。甘辛い例の味でラー油が多く甘いと感じるのはほんの少しで基本は辛い。メニューで見ていたときはこの料理かとイメージしていなかったが、確かにこの料理は中華街のランチメニューではこの料理が項目に並んでいることが多い。他に多いのが牛肉か豚肉とピーマンの炒め物でそちらは棒状に刻んで炒めてある。どちらもあまり私は好みではない。この料理では鶏肉がとても柔らかくて、それはそういう料理なのだろうが私は鶏肉は少し固くなるぐらい火が通って居る方が好きなので、少しこの柔らかさが気持ち悪い。甘辛いタレで絡めて一気にご飯とかきこむ。




DSC00138.jpg
最後にお決まりの杏仁豆腐も付いてきたが、やはり残した。毎日食べるランチメニューでお腹いっぱいになってからの杏仁豆腐は食べられない。
全体的に多少量が少ないだろうか。先の食べログを見ると随分むごい感想も載っているがそこまででもないかと思う。まあ数千円も払う夜のメニューでハズレだと感じたならその気持は十分わかる。


thread: 中華料理 | janre: グルメ |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

[ブログランキング]