今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

溜池山王 由丸(よしまる) 

2018年3月某日

20180325172950.jpg

溜池山王駅の近く山王交差点の目の前にあるビルの2階、由丸(よしまる)という豚骨ラーメンの店に入ってみた。狭い階段を上り店内に入るとお店の中は小奇麗な感じで女性客も多い。平日の13時を過ぎての来店であったがまだお店の中はお客さんが結構居た。




20180325172951.jpg

由丸ラーメン850円を注文した。煮卵1個、チャーシュー2枚、キクラゲ、ネギ、大きな焼海苔1枚。スープはドロッとした重い感じの豚骨で、まさに豚の油ですという感じ。麺は細いストレート麺でコシは無く粉っぽい小麦麺。麺の固さは注文の時に選ぶようになっていて固めが選択肢の真ん中だったので固めにした。
久しぶりに本場博多の豚骨ラーメンらしいラーメンを食べたのだが、私には重すぎた。私が歳をとって味覚や欲するものが変わったのだろう。特別な日でもないのにこれだけお店にお客が入っているので博多ラーメン好きの人には美味しいはずである。




20180325172952.jpg

一応、替え玉100円も追加した。しかしスープも麺も重い感じが苦しく、紅ショウガを多めに入れて一気にかき込んだ。私はモツ煮が苦手だが、苦手な食べ物が一つ増えてしまった。




[雑記]山に関する地名の由来について
私は山と渓谷という月刊誌を毎月買って眺める程度に読んでいるのだが、その中に面白いと思う記事があったので備忘のため記しておこうと思う。山の地名の由来に関するコラムだ。隅っこのコーナーで数ヵ月に渡り紹介していた。
「山」は元々「谷間(ヤマ)」だったそうだ。高い所をタケ、タカ、盛り上がった所をモリ、周囲より飛び出した所をハナ、一番上をアタ、平らな所をタイ、ダイ、谷をヤマと呼んでいたそうだ。その後、国家の進展とともに呼称に漢字を当てるようになりヤマには「山」が当てられ、中国では山の字が高所を示していることが分かり、次第にいわゆる山が定着したそうだ。
「谷」はタリ(垂り)の転で両側から湧き水が垂れてくる場所、「沢」は狭い所を示すサ(狭)バ(場)の転と考えられるとのこと。谷地名は西日本に多く、沢地名は東日本に多く見られる。東西で地名が分かれる理由として西のヤマト族、東のアズマ族の居住地域が関係するのではという仮説があるとのことだ。
地名に使われる色について、中国伝来の四神、青龍(青)、朱雀(赤)、白虎(白)、玄武(黒)が多いとのこと。山名の場合は山容や山肌、地形を表す言葉が色に変化したそうだ。崩壊地や崖のような場所はアボと呼ばれ青に変化した。明るい露頭のある山容の山にはアカが付きやすい。シロは雪化粧をした山容以外に、平ら・滑りやすいという地形的な意味のシロが白に変化した説もあるという。クロは赤黒い火山の特徴が由来とのことだ。
スポンサーサイト
thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

10年前の登山計画書 

12月31日(日) 晴れ

20181231_1.png

2017年も終わり、2018年になろうとしている。平成では30年だ。平成生まれと聞くと若い人だと思ってきたが、これからは平成生まれも中年層となってくる。
昨日、年末ということで気分を出して部屋の掃除をしていたところ、懐かしい紙切れが出てきた。
「2008年7月19日 登山計画表」とある。友人が私を神奈川県丹沢山に連れ出してくれた時に作ってくれたものだ。私は今、趣味と言えば山歩きであるが初めて登山らしいものをしたのはこの時の丹沢が初めてだった。友人からとりあえず靴だけは山用が良いと勧められ、登山用品店で登山靴を買った。それ以外の装備品はあるもので、ということで雨合羽だけ1000円程度のビニールの合羽を買い、服装はジャージの上とジーパン、リュックは学生時代から通勤通学に使っているリュックサックを持って行った。




20181231_2.png

裏面には「3.1 全体のタイムスケジュール、3.2 登山に関するスケジュール、4 予算について」と表形式でまとめられている。この時の丹沢は友人の車でヤビツ峠まで行き、塔ノ岳まで登り、来た道をヤビツ峠まで降りてくるというものだった。帰りの温泉まで計画に入っている。




20181231_4.png

もう1枚、「2008年 登山計画第一弾 ウォーミングアップ編 ~丹沢へ行こう~」という紙があった。丹沢の登山地図が載り、彼の丹沢での過去の経験等からの細かい知見が文章で書かれている。




20181231_3.png

裏面にはヤビツ峠コースについての見解が書かれている。
このときの山行は断片的に覚えている。夏の丹沢はヒルが怖いとのことで行きの道中でコンビニに寄り塩を買ったこと。買った塩は味の素の味付けされた塩であったがそれを登山靴に振りかけて出発したこと。登山道の雑草が背丈まで生い茂り、藪をかき分けるようにして進み汗だくになったこと。友人が私に大丈夫か大丈夫かと聞き、私が頭に来てしまって大丈夫じゃ無いのはお前だろう、休みたいなら休もうと自分から言ってくれ等と言い出して喧嘩になってしまったこと。結局下山まで私がその件についてなじり続け、雰囲気は最後まで険悪だったこと。
その後、この友人から山に誘われることはめっきりと無くなってしまった。友人は時々、私の知らない友人を連れて山に行ったという話を聞くと、そうか良かったなと声を返すぐらいとなった。私はこの山行からじわじわ山登りに興味を持ち出し、いろいろな装備品を買い集めて一人で山登りに出掛けるようになった。

来年は2018年、上の話から10年が経つ。日本百名山を中心に山登りを続け、気が付けば50個以上の百名山に登ってきた。あのとき、友人には悪いことをしたなと今は思う。こんな丁寧な計画書を作ってくれたのは、この山行を楽しみにしていたのだろう。私が台無しにしてしまったのが悔しい。この紙が出てきたのは、私もその後何度かこの紙切れを見つけ捨てる機会があったはずであるが、捨てられなかったのだと思う。



白山登山④ 


10月1日(日)晴れ

20171001060632.jpg

05:00 起床。
朝食の時間より随分早く目を覚ました。朝焼けの周辺を散策する。




20171001060514.jpg

白山山頂に向かう祠の前には道案内の看板があり、そこには深田久弥氏の日本百名山からの引用文が書かれている。深田氏はこの白山が自身の故郷の山であり、最も思い出が深いと語っている。白山と呼ばれる山は世界中にあり、欧州ではモンブラン、モンは山、ブランは白、ヒマラヤではダウラギリ、ダウラは白でギリは山の意味だそうだ。




20171001060144.jpg

20171001060134.jpg

あまりに寒いので山荘の屋内に戻りストーブの前で温まる。この時の服装は登山服の上下にソフトシェルの上着を着ていたが防寒が足りなかった。フリースかダウンジャケットを持ってくるべきだった。




20171001062710.jpg

朝食の時間が近づき行列に並んでいると、タスキがたくさん入った箱が目に入った。開山1300年のイベントとして、タスキに自分の名前を書いて登頂し、タスキをここに返す仕組みのようだ。




20171001063740.jpg

06:30 朝食。
プラスチックのチケット券を渡し朝食を受け取る。夕食と変わらずおかずは質素だがエネルギー元としては十分だ。フリカケを掛けて食べる。




20171001071250.jpg

07:15 登山装備を整えトイレを済まし、下山を開始する。




20171001071244.jpg

20171001071402.jpg

気温はまだ低いが体を動かすとすぐに暖かくなり汗をかく前にソフトシェルジャケットを脱ぐ。




20171001071408.jpg

20171001073042.jpg

07:30 弥陀ヶ原に到着。




20171001073050.jpg

木道のすがすがしい道が続く。




20171001073216.jpg

07:35 黒ボコ岩に到着。




20171001073250.jpg

この黒ボコ岩は火砕流によって山頂から運ばれてきた巨大な火山弾だそうだ。




20171001073258.jpg

20171001074310.jpg

20171001074318.jpg

崖沿いの危なそうなところは石を詰めた道がしっかり作られており登山道はとてもよく整備が行き届いている。




20171001074326.jpg

気持ちのいい下山路が続く。




20171001080356.jpg

08:05 南竜道分岐に到着。
登りではここで間違えて南竜ガ馬場テント場の方に向かってしまった所だ。




20171001071412.jpg

20171001080400.jpg

20171001080410.jpg

20171001082002.jpg

08:20 甚之助避難小屋の上側の広場に到着し、休憩を取る。
この時点で帰りのバスの出発時間には十分間に合うことが分かっていたので、ここからはのんびりと歩いた。




20171001082006.jpg

20171001082012.jpg

20171001085224.jpg

20171001085228.jpg

08:50 別当覗のポイントに到着。




20171001091608.jpg

09:15 中飯場に到着。




20171001091626.jpg

20171001094152.jpg

20171001094214.jpg

下山最後の釣り橋を渡る。




20171001094256.jpg

20171001094442.jpg

09:40 別当出合に到着。
無事に下山となった。




20171001095308.jpg

売店にはお菓子が売っておりアイスを買って食べた。
帰りのバスの出発時間は11:30、13:30、15:30とメモして来ていたのだが、これは登山最盛期の夏の時刻表でこの日は13:30の1便しか無かった。随分と時間があるので空いているベンチで小説を読んだり昼寝をしようとした。そのうちに下山してきた人が到着してきて、20分置きに出発している一ノ瀬行のバスに乗って行った。一ノ瀬というところは車で登ってこられる最終地点で、マイカーで来た人はそこに車を置きバスで別当出合に来ることになる。私は金沢駅までバスに乗る必要があるので13:30発の金沢駅行きに乗るしかない。
待ちぼうけしていると、バスの係員の方が金沢行きでも一ノ瀬まで先に降りた方が良いと勧めてくれた。そこには温泉もあり、ここ別当出合は13:30まで混雑するから出来ればそうしてほしいという。




20171001111006.jpg

11:10 一ノ瀬に到着。
ここに大きな駐車場があり、多くの人は自分の車に乗りここから帰宅に向かった。私と同じ金沢駅まで行くのであろう人も少ないが何人かおり、食べる所や温泉を探した。食べる所は無かったが、目の前に民宿の温泉があり、入ることができた。永井旅館さんで立寄り温泉は600円。




20171001113830.jpg

温泉は古いが立派なもので気持ちよく汗を流した。風呂上りの缶ビールが美味しい。
バスは13:45にここに来た。バスは満席でここで待っていた人達ように2台目を出してくれたので全員座席に座ることができた。途中下車しているので普通なら少し代金が高くなるのだが、別当出合での混雑緩和に協力してくれたということで直行分の2,200円でよいとのことだった。北陸鉄道バスの係員の人はいろいろ対応に心配りがあり、とても親切で好感を持てた。




20171001161354.jpg

16:10 金沢駅に到着。
新幹線の切符を買い、出発までに食事を取ろうと駅ビル内にあるお店に入った。まずは生ビールで再び喉を潤す。




20171001161752.jpg

かつ丼と蕎麦のセットを食べた。




20171001170024.jpg

17:04発 かがやき530号に乗る。
金沢発-東京着で乗車賃7,340円+特別料6,780円=合計14,120円。指定席で車両先頭の通路側に座った。窓側はどこにも空き座席は無かった。ここでも缶ビールを1缶買って持ち込んでおり、電車が動き出すと1缶空け、すぐに寝て東京に向かった。

19:44 東京駅に到着。
駅構内の喫煙所で煙草を吸い、京浜東北線で横浜の自宅に帰る。

今回の登山では私自身のヘマが多かった。ヘマはいずれも結果的に大変な問題にはならずに済んだが、もう少し気を付けないといけないと反省する。今回は久々に山に人が多く、多少観光地化した登山となっていたことが、ひょっとするとミスの連発に関係したのかも知れない。
今回の山行にて、次回につなげるための気づきのメモを記しておく。
・秋冬では、山小屋宿泊での防寒用にダウンかフリースのジャケットを持ってくること。
・山小屋や夜行バス中で空気の乾燥がむごいことがあるので、マスクを持ってくること。
・帰りのバスの発着時間は、最新の情報をメモして行くこと。
・山行中は、人が多くても慌てないこと。

今年も、夏山のシーズンが終わろうとしている。冬山に挑戦しようか、考えている。

(おわり)

白山登山③ 


9月30日(土)晴れ

20170930120046.jpg

白山室堂から白山の山頂、御前峰へと登りに行く。




20170930135818.jpg

20170930135806.jpg

登拝道なのだろう、よく整備された広い道を登っていく。




20170930135716.jpg

20170930135730.jpg

山頂手前に祠がある。




20170930135908.jpg

14:00 白山山頂、御前峰に到着。標高2,702m。




20170930140100.jpg

20170930135922.jpg

20170930140054.jpg

20170930135836.jpg

20170930140306.jpg

パノラマ写真のような雄大な景色が広がる。




20170930140320.jpg

20170930140310.jpg

一通り景色を楽しみ、下山を開始する。
元々の計画ではこのまま北側に抜けてお池めぐりコースというのを回ってくるつもりだったのだが、それは止めて真っすぐ降りることにした。今回の登山では道を間違えたりいろいろとヘマをやり、気持ち的に少し疲れていたのかも知れない。




20170930141834.jpg

20170930141838.jpg

白山室堂に向かって降りていく。




20170930143232.jpg

14:30 再び、白山室堂に到着。
宿のチェックインを行う。1泊2食の宿泊で8,100円。受付を終えると宿泊場所に案内してくれる係の方がおり、何人かでまとまって宿泊場所に向かう。




20170930145128.jpg

白山室堂の正面の建物は受付や休憩所、食堂となっており宿舎は別に3つの建物がある。私が泊まる場所はこの御前荘となった。中は幾つかの大部屋に仕切られており、部屋の中には2段の蚕棚式の寝床があり1人布団1枚分の寝床が割り当てられる。私は下段の窓側から2つめとなり、この日上段は使われなかった。同室にはカップルの方も居て男女の分けは無く相部屋になっているようだ。




20170930145906.jpg

早速売店で缶ビールを買い喫煙所でビールを飲む。




20170930173426.jpg

17:00 夕食。
写真何故か暗いが実際は普通に明るい。宿泊の受付をした際に夕食用と翌日の朝食用のチケットをもらう。列に並びこのチケットを出して夕食を受け取り、適当な席に着いて食べる。




20170930171530.jpg

おかずは質素であるがご飯と味噌汁はお代わり自由。なめこの入った白みその味噌汁が美味しかった。




20170930173932.jpg

夕食後は持ってきた小説を休憩所で読んだり、日の入りの夕日を眺めて時間を潰した。




20170930173938.jpg

周りが夕焼けに染まり日が落ちていく。




20171001054342.jpg

20171001054348.jpg

20171001055800.jpg

19:30頃 就寝。
今回は久々に山小屋での宿泊にて隣の方との距離が近かったため何度か目を覚ましてしまった。両隣に人が居たのだが片側の人が私の方に寝返りをうつたびに寄ってくる。当人は頭まで毛布を被っており気が付いていないようだった。私の布団の上にあまりにはみ出したので一度ぐっとその人の体を向こうに押しやった。眠っているらしく、むにゃむにゃと言っていた。山小屋泊においてはよくあることであるので、あまり気にせず私も眠りについた。




(つづく)

白山登山② 


9月30日(土)晴れ

20170930091932.jpg

09:30 中飯場を出発。




20170930095138.jpg

09:50 別当覗というところに到着。
あまり広いスペースでは無いが標識があるところでは休みたくなるのだろう、何人かが休憩されていた。ロープの張っている先から白山室堂方面の山を覗き見ることができる。




20170930095144.jpg

20170930095150.jpg

よく晴れた気持ちのよい天候となった。風はほとんど無かったが時折流れるひんやりとした風が気持ちが良かった。




20170930101832.jpg

20170930101838.jpg

20170930102102.jpg

一生懸命にてくてくと歩いていくと道の右手に小屋が見えた。




20170930102118.jpg

20170930102142.jpg

10:10 甚之助避難小屋に到着。
立派な建物でトイレもある。小屋の前以外にも手前、奥にも開けたスペースがあり多くの人が休憩していた。




20170930102156.jpg

チョコを食べ水分補給し、煙草を吸って少し長めの休憩を取った。




20170930102200.jpg

10:25 甚之助避難小屋を出発。




20170930104724.jpg

10:45 南竜道分岐に到着。
休憩されている方が居るので足早に先を歩く。




20170930104802.jpg

20170930105554.jpg

どんどんと平坦な気持ちのよい道を歩く。




20170930105614.jpg

20170930105632.jpg

遠くに小屋が見えた。ここで間違えに気が付いた。元々の計画では白山室堂まで真っすぐに向かうつもりであったが南竜ガ馬場のテント場の方に歩いてきてしまった。南竜道の分岐で山の上側に登る道があったはずなのだが人が多かったためよく見ずに南竜道を歩いてきてしまったのだ。




20170930111942.jpg

しかし、こちら側からは白山室堂に向かうエコーラインという道があり、この道を進むことにした。道を間違えるという危ういことをしてしまったが、結果的にはこのエコーラインはとても綺麗な山登りの道となっていて、歩いてよかったと思える登山道であった。




20170930113042.jpg

エコーラインの階段道を必死に登っていくと気持ちのいい野原を木道が通してある所に出た。この木道もよく整備されていて歩いていてとても気持ちが良かった。




20170930113120.jpg

20170930113820.jpg

11:40 木道が終わるとエコーラインと砂防新道を分ける分岐に到着した。




20170930113846.jpg

仮設トイレが設置されている。
ここから白山室堂まで、最後の登りとなる。




20170930115214.jpg

20170930115210.jpg

11:50 白山室堂に到着。
とても立派な建物だ。




20170930120002.jpg

建物の中に入ると既に多くの人が居た。宿泊のチェックインは13時からということなのでしばらく休憩することにした。




20170930121032.jpg

食堂でラーメンを食べる。乾いた体に塩分が染み込みとても美味しい。
食べ終わった後、まだ13時まで時間があるので先に山頂に登ってくることにした。計画していたコースは山頂の御前峰を登りお池めぐりの周回コースを回って降りてくるというものだ。
白山室堂から多くの人が出発していく道についていくとどんどんと道が降る。やがて先ほど登ってきたエコーラインと砂防新道の分岐に到着してしまった。何を間違ったか下山路を歩いてきてしまったのだ。こちらに歩いていた多くの人は、日帰りで下山していく人達だったのだ。
がっくりしながらまた白山室堂に向かって登り返した。30分程度の無意味なトレーニングをしてしまった。




20170930120046.jpg

白山室堂の建物を入って反対側から出ると鳥居のある建物と大きな山が見える。あれが白山だ。今日はつくづく、間違えをやらかしまくって情けない。




20170930132428.jpg

13:25 白山山頂に向けて出発。
既に宿泊のチェックインは始まっていたが多くの人が行列を作っていたので山頂に行ってきてからチェックインすることにした。




(つづく)

[ブログランキング]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。