FC2ブログ

今日もまたマイホームタウン

登山日記や訪れた街の様子をレポートします

2019年7月 四阿・雨飾山④ 

2019年7月6日(土)晴れ

20190706100650.jpg

10:00 雨飾山の山頂に立ち、周囲の景色を見渡す。
この日も山頂はガスが多いほとんど景色が見えなかったが、時折雲が流れて後ろ立山の山並みが見えると皆一斉に雲の切れ間を覗き込み、カメラのシャッターを押す。




20190706095730.jpg

登ってきた笹平の方面。




20190706100658.jpg

20190706103548.jpg

山頂から急騰を下り、ザックを置いておいたちょっとした広場で昼食休憩となる。
宿で配られたお弁当のおにぎりを食べる。




20190706103638.jpg

下山開始。




20190706103958.jpg

ギョウジャニンニク。




20190706105144.jpg

これは花が咲いているのが見られるのは珍しいそうで、皆が写真を撮っていたが、何という花の名前だったか忘れてしまった。今ブログを書きながらインターネットで検索しても、見つからない。




20190706112716.jpg

20190706112732.jpg

11:30 小休憩。
小休憩は10分程で水を飲んだり、お花摘みにそれぞれ散ったりする。時間が余ると写真を撮る。



20190706130526.jpg

13:00 小休憩。




20190706140050.jpg

14:00 雨飾高原キャンプ場に無事に下山。
売店で登山バッチを買い、マイクロバスに乗り込む。




20190706161422.jpg

16:00 宿泊した白馬アルプスホテルに到着。




20190706160454.jpg

温泉に入り汗を流し、喫煙所で缶ビールを飲む。
タバコを吸うツアーの参加者さんと雑談を交わし、心地よい時間を過ごす。
16:50 ツアーバスに乗り込む。




20190706174512.jpg

17:40 長野駅に到着。
新幹線の出発までの時間、夕食ため一旦解散となる。




20190706175422.jpg

駅ビル3階にあった草笛という蕎麦屋に入る。



20190706180310.jpg

天ぷらと盛りそばのセット、1400円をいただく。
19:08 再集合し、あさま630号に乗り東京に向けて出発。
車内で買っておいた缶ビールを飲み、隣席となった方と雑談する。こいうったツアー参加では初日等は会話するのに多少の緊張感があるが、終わる頃には肉体的な疲れも作用してか、お互いにリラックスした会話を楽しめる。
20:52 東京駅に到着。
解散となる。今回も楽しい山登りとなった。私の百名山としては71座目となった。

(おわり)

2019年7月 四阿・雨飾山③ 

2019年7月6日(土)晴れ

20190706052332.jpg

白馬アルプスホテルに宿泊し起床。雨飾山は道中で水を補給できないので1人2リットル持つように登山ガイドさんが言っているとのことだった。朝食、昼食用のお弁当を受け取り、500mlのペットボトルを4本ザックに入れた。
04:30 登山口に向かうマイクロバスに乗り込み出発。
06:00 登山口となる雨飾高原キャンプ場に到着。




20190706052348.jpg

06:10 登山口を出発。標高1127m。




20190708114248.jpg

ツアーにて配られた登山地図。歩行距離9km、標高差836mで、行動時間は6時間40分とある。荒菅(あらすげ)沢を越え、笹平に出て山頂へ登り、登ったコースを下りてくるという計画である。




20190706064942.jpg

はじめは比較的平坦な山道。所々水たまりのようにぬかるんでおり転びそうになる。




20190706072602.jpg


07:25 ブナ平を過ぎた辺り。
ときどき展望が開け荒菅沢の雪渓が顔を覗かせる。




20190706072624.jpg

写真には残していないが、雨飾高原から山頂までの道中には、11分割され一合目、二合目と最後の11合目までの標識がある。標識は見落としにくい場所にあり、どこまで登ったかの目安になった。




20190706072656.jpg

20190706073742.jpg




20190706073750.jpg

07:40 荒菅沢の雪渓を横断する。
横断する距離は短く斜度もあまりないためアイゼン等は使わなかった。




20190706074040.jpg

シラネアオイ。他にも沢山の花を見ることができた。




20190706083250.jpg

荒菅沢を渡った所から笹平までの道は傾斜が多少きつくなる。ストックを使っている方はストックをしまい、腿を上げ岩に手をついて登る場面も多くあった。設置されたハシゴやロープを使って大きな岩を登る部分も2,3ヵ所あった。
08:30 南側を振り返ると雄大な景色が見えた。




20190706083258.jpg

前の北西側にはまだこれから登る山が見える。目指す山頂は見えている山の更に向こう側とのことだ。




20190706090808.jpg

笹平を過ぎると比較的平坦な道となり景色は開け気持ちのいい稜線歩きとなる。




20190706090812.jpg

20190706091926.jpg

20190706093546.jpg

山頂目前にコルがあり、休憩できるようなちょっとした広場がある。ここに背負ってきたザックを置き、空身になって最後の急騰を登る。




20190706093556.jpg

20190706093808.jpg

20190706095356.jpg

20190706095620.jpg

09:55 雨飾山の山頂に到着。標高1963m。
昨日と同じく山頂ではガスとなったが、昨日ほどではない。

(つづく)

2019年7月 四阿山・雨飾山② 

2019年7月5日(金)晴れ

20190705122730.jpg

菅平牧場の登山口からスタートし、四阿山を登る。1週間前に見た天気予報では雨予報であったが、天気は良い方向に向かい何とか晴れてくれた。




20190705125450.jpg

20190705131120.jpg

山頂が近づくにつれてガスが出てきた。




20190705132156.jpg

山頂目前に祠があった。




20190705132302.jpg

13:30 四阿山山頂に到着。標高2354m。登山口は標高1590mなので標高差760m程度を登ったことになる。
登山道はしっかり整備されて分かりやすく、険しい所もほぼなかった。金曜日と平日だったからか、すれ違う登山者もほとんど居らず、のんびりとした登山となった。




20190705132952.jpg

20190705133158.jpg

20190705135238.jpg

山頂で昼食休憩となる。出発前にほんの少しだけガスが晴れたが周囲の展望が見えるほとでは無かった。




20190705144352.jpg

13:50 下山開始。登ってきた道を下りていく。




20190705144434.jpg

20190705162322.jpg

20190705164212.jpg

16:40 無事に登山口まで下山。
10:50頃に出発したので休憩含めて約6時間。久しぶりの山登りでいい汗をかいた。売店があったので記念の登山バッチを買った。




20190705185318.jpg

登山口で待っていたバスに乗り込み、本日の宿に向かう。
18:50 白馬アルプスホテルに到着。部屋は1人1室で使うことができた。
すぐに夕食のバイキング会場に向かい、夕食を食べた。
温泉で汗を流し、ぐっすり眠ることができた。

(つづく)

2019年7月 四阿山・雨飾山① 

2019年7月5日(金)晴れ

20190705101218.jpg

何回か利用させていただいているクラブツーリズムさんの登山ツアーに参加してきた。
四阿(あずまや)山と雨飾山を登る1泊2日のツアーで料金47,800円。
07:00に東京駅に集合。
07:24発のあさま603号新幹線に乗り込み
09:01上田駅着。そこからツアーバスに乗り初日は四阿山の登山口に向かう。
人数が少なかったのか、駅から登山口へのバスは初日も帰りも2座席を1人で使える配分だった。
10:12 四阿山の登山口である菅平牧場に到着。




20190708114222.jpg

ツアーにて配っていたたいだ登山の工程地図である。
菅平牧場から出発して小四阿、中四阿、四阿山へと向かい、同じコースを下山してくる。





20190705101300.jpg

20190705101314.jpg

登山講師さんが先頭、添乗員さんが最後尾につき、はじめは緩やかな道を歩いて行く。




20190705102444.jpg

登山口は菅平牧場という牧場となっており、木の柵の向こうには牛がのんびり草をはむ姿が見られた。





20190705102636.jpg

10:25 少し歩くと登山口という立て看板があった。ここから山歩きが始まりそうだ。




20190705110236.jpg

20190705113954.jpg

20190705114158.jpg

20190705120316.jpg

はじめは傾斜の緩いのんびりとした山道を登っていく。百名山に選ばれているだけあって登山道はしっかり整備されている。




20190705120332.jpg

(つづく)

雑記 令和1年の5月に思うこと 

2019年5月10日(金)晴れ

日本の元号は5月1日に令和(れいわ)になった。
祝福、ウェルカムムードの中、ネットニュースを見ていると、商業的な祝賀一辺倒だけの捉え方でなく、天皇制とは何か、どうあるべきかについて日本人が少しでも個々人で考える機会とすべきだと当日のNHK報道は報じていたのが良かったと取り上げている記事があった。確かに、私のような政治や天皇制絡みについて直接関わる機会が薄い恐らく同じような多くの日本人にとって、日本の仕組みとして未だある天皇制とは、ただ悪く言うと悪者になる物、自分の意見なんてわざわざ述べないのが一番無難な対応だろう、という印象を持つの物だろうと思う。
そうでない、日本人の一部であろう商業的であったり利害関係が絡む人達の先導に基づき、そのようになっているのだとしたら残念なことだと思う。日本人として生きる上で本当に重要なことであるなら、正しくそういう教育や周知をして大多数が腫物に触るような扱いから脱却させるべきだと思う。元号の話から天皇制の話に移すのは飛躍があるのかも知れない。しかし、天皇性絡みの話について私のようなサラリーマンが生活で耳にするのは、待ちの街宣車でのあの怒声ぐらいだ。

20190511075518.jpg

最近は横浜にある会社に勤務しており、昼飯は専らバーミヤンだ。
東京BM級グルメフェス グルメ鉄道中華の旅編というメニューをやっていた。




20190511075517.jpg

鶏パイコー汁なし担担麺 単品749円。
この商品を気に入って何度か食べた。鶏のから揚げが美味しく、担担麺の味は元々好きなので私の好みの料理だ。
ちなみに、スパイシーチップのサクサク唐揚げという商品も食べたことがあるが、こちらは駄目だった。チップというのが食材に詳しくないので分からず米を焼いたやつか何かかと思ったが、小麦粉を焼いたようなほとんど腹の足しにならず、ただ唐揚げだけ食べたようになった。この商品を食べるなら、ご飯か何かを別に注文しないと昼食としては足りないだろう。


電車の待ち時間やタバコを吸うときなど、スマートフォンでネットのニュース記事を見ている。最近は日韓関係が悪い状態にあることに関する記事が多い。私は政治にも疎くこの話題にも根深い理解に基づいた意見を持てずに眺めているような感じなのだが、一体どうなのだろうか。日本に住んで、日本人としてこういうニュースを見ると、韓国政府は酷いことするなあ、言うなあと思わせる記事が多いが、韓国政府が韓国国民の意見を誘導するように、日本でよく見かける記事を見ている日本人である私も同じようなことになっているのかどうなのか、分からずいろいろと悩ましい。
この手の話を頭に浮かべるとき、いつも私には会社内や仕事の付き合いで知り合うことが出来たお名前からして韓国や朝鮮に何らか所縁があるだろうと思う人達が頭に浮かぶ。彼らと所謂ネットニュースで取り上げられるような話題を会話するなど勿論ないが、どんな気持ちや悩んでいないかと思うと心が痛む。私の知り合った、私の知りうる限りの範囲でしか想像を膨らませることは出来ないが、彼らは総じて気が良く人が良く、会話して仕事で接して楽しく真面目な人達であった。
私は韓国という国について持つイメージは、「熱い血潮」を持った国民だろうと勝手にイメージを持っている。韓国からの映画や文学、スポーツだけから私の韓国の知識は出来ているため、相当の偏見なのであろうが、韓国というと友情、人情、愛情に熱い国民性というイメージがある。映画にて、友情に涙する顔の表情などは他のどの地域、民族の方の顔より韓国の方の顔が最も当てはまりが良いと感じる。
国民の意識に反日を教育で植え付け、政策で反日路線を取ることで国民から政党の支持を集める戦略は、国民にサッカーを好きにさせ、サッカーを盛り上げる政策を取ることで政党の地盤を固めるやり方であるため、しっかり見極める力をつけるべきという記事を見かけて、その記事は私にしっくり来た。韓国は、熱き血潮の国、という強みを全面に出して世界に出れば、世界有数の注目すべき国になると思う。

[ブログランキング]